“少女から大人へ” 安藤咲桜 「マリノス愛」満載のセクシーショット

グラビア 公開日:2020/01/14 15
この記事を
クリップ

1月14日発売の『週刊FLASH』(光文社)では、アイドルユニット「つりビット」のメンバーとしてデビューし、'19年3月、同グループ解散後、ソロタレントとして活躍する安藤咲桜が初登場している。


「グラビア界の次期エース」と名高い彼女が披露したのは、自身が応援するサッカーチーム「横浜F・マリノス」愛に満ち溢れたグラビア。トリコロールの水着に身を包み、応援グッズを手にしての撮影で、マリノスファンにはたまらないカットとなっている。

撮影中もJリーグ好きのスタッフとのトークははずんだが、一人のスタッフがサンフレッチェ広島のサポーターだとわかると、「2013年最終節での逆転劇をいまだに根に持っている」と笑いながら告白し、現場を和ませた。そんなあどけない笑顔も魅力的だが、ふと見せる大人っぽい表情もスタッフを唸らせた。少女から大人への過渡期の彼女。これからどんな花を咲かせてくれるか期待大だ。

<安藤咲桜コメント>

「かなりスポーティな水着で、新しい自分をお見せできたんじゃないかなって。マルコス・ジュニオール選手と、仲川輝人選手のゴールパフォーマンスをまねしたカットは、ぜったいに見てくださいね!」。

Ⓒ熊木優


<雑誌情報>

週刊FLASH

1月14日(火)発売 

価格480円

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ