ふわふわGカップ天使降臨 日向葵衣、初々しさと大胆さが放つ下乳

グラビア 公開日:2020/01/14 48
この記事を
クリップ

癒しの空気を纏い、鈴を転がすような声でおっとりした語り口、ボディは育乳中のGカップで、2020年早々に現れた乳カマー天使、日向葵衣がついに1stイメージDVD『アオイ』(竹書房)を発売、そのベールを脱いだ。


初体験となる囲み取材には、記者の要望に少し緊張しつつ精一杯の笑顔でポージングしていた。チャームポイントというバストは「いま育てていて、Gぐらいだと思うんですけど」と言う、ふわふわのおっぱいを下乳全開の黄色のマイクロビキニは、初々しさと大胆さが同居して、とてつもない輝きを放つ。

初めてのDVDは昨秋バリで撮影。「最初は海外ということで怖かったんですけど、“南国”という場所だったので、普通に旅行として楽しんで来ました、あっ!お仕事もちゃんとしてきました」と、初っ端から初々しい笑顔をみせた日向。

王道の彼氏と南国デートがテーマの今作。「おはようからはじまり、おやすみで終わる一作になっています」と、言葉のチョイスが可愛い。

おすすめシーンを聞かれ、「やりたかった裸エプロン」とにっこり。特技であるバトントワリングも披露しているが、バラエティ番組のようだったと反省。「できると思ったら全然できなくって、大コケしたんですが、まさか本編に入ってると思わなくって…でも観てください」ともじもじ。

ほかにもファンに好評だったというエステティシャンの制服では「この格好でマッサージをして、彼を喜ばせてあげようというシーンです」と、まさに七変化の日向の“はじめまして”が堪能できる。一番セクシーなシーンには眼帯ビキニをチョイス。「これはテイストとしてもかなりセクシーだったかなと。一緒にお風呂入ったり、洗いっこしたりしてるので、是非彼氏目線で観てくれたら、もっと洗ってくれるかも。へへ」とおどけてみせた。

撮影中、監督の指示をうまく表現できなかったことがあるといい、「お尻を左右に振ってっていう指示とかも、ちゃんとグラビアとしてセクシーにできたらよかったんですけど、“ぷりぷりぷりぷり”って遊んでるような感じになっちゃいました。次からはちゃんとイメージに応えられるように頑張ります」と力を込めた日向に、DVDの自己採点をしてもらうと「50点」と超辛口。「ちょっとグラビアとして動きが(笑)。ちゃんとグラビアアイドルになりたいです」と宣言した。

「1月1日付けで事務所に所属したばかりです。今年から本格的にグラビアや、女優さんとして活動していくので、たくさんのメディアに出て“日向”を知っていただけたらいいなと思います」

新春に舞い降りたGカップ天使は、2020年のグラビア界の台風の目になること間違いなし。今から要チェックの逸材の登場だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 91件)

関連タグ