ミニマムHカップRaMu、サスペンダー風水着初体験「胸も凄いんです!」

グラビア 公開日:2020/01/11 43
この記事を
クリップ

女子高生時代にMixChannelやVineなどの動画投稿サイトで配信したネタ動画で国内のみならず世界にも人気が飛び火し、2016年にグラビアデビューを飾ったRaMu(らむ)。

キュートな笑顔と細身の身体からは想像もできない90㎝のHカップのバストで人気を呼び、デビューイヤーの2016年には「第5回プロが選ぶアイドルDVD賞」で新人賞、2017年には週刊プレイボーイ(集英社)の「2017年新人グラドル次世代ボイン番付」で東の横綱に選ばれるなど、関係者からも熱い視線を集めている。そんな彼女が最新DVD&Blu-ray『ラ・ムー』(竹書房)をリリース。その発売記念イベントが11日、東京・秋葉原のソフマップで行われ、最新作の見どころや新年の抱負などを語った。




黒のTシャツにデニムのショートパンツで取材会場に登場したRaMu。「今日は80年代を意識しました。髪の毛もバブルっぽく。って、切るのを忘れたので巻いているだけなんですけど(笑)」と苦笑いも、巻き髪が実に良く似合っていた。

最新作は、昨年10月に沖縄で撮影されたもの。「(沖縄の空港に)集合することになり、事前に15時集合と言われていたんです。そしたら14時50分に着陸して、CAさんのアテンドで私とマネージャーさんが急いで走り、何とか間に合うことができました。私のせいみたいになって凄く恥ずかしかったです(笑)」と思わぬハプニングも、撮影ではセクシーな水着姿となって自慢のHカップバストと時折見せる大人っぽい表情で悩殺している。

「今回は完全にイメージ映像です。初めてCAさんの格好をしたり、何ヵ所かツノが生えているシーンがあります。ツノは謎の設定で、普通の格好なのに何故かツノが生えているという(笑)。ラムちゃんじゃないと思いますが、私って鬼のようなイメージがあるのかな…」と当惑したようだが、「ツノのシーンは結構気に入っています♪」と満更でもない様子だった。

岩場のシーンが見どころだそうで、「クロスした白ビキニを着ました。割と肩のショルダーをクロスさせる水着はあまり着ないので新鮮でした。そのシーンでは岩場で砂まみれになっています」と着用した水着がポイントだと言い、「赤いビキニをはじめ、今回は水着の面積が小さめですよ」と露出度はかなり高めだとか。中でも、サスペンダー的な水着は「今まで見たことがない水着でしたよ。胸も凄いんです!」と自慢のバストが溢れ出そうで、「お風呂のシーンではビチャビチャと髪の毛を濡らしました。その都度濡らしていたので、顔にも水が滴っていると思います」としっとりと濡れたシーンも見どころだという。

2019年初めてのイベントということで、今年の抱負も聞いてみた。「去年は友だちを作るという目標を掲げ、友だちが2人できました。私は結構多趣味なので、趣味の友だちをもっと増やしたいと思います。それとYou Tubeをあまり載せてないので、外に出たり企画モノを作ったりと、投稿頻度を増やしていきたいですね」と意欲満々。そんな彼女は2月に2ndトレカの発売も。You Tubeへの投稿動画も含め、今年もRaMuの活動に要注目だ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ