“踊るグラドル” 福永ありさ、ダンスで鍛えたしなやかボディ炸裂の5thDVD

グラビア 公開日:2020/01/12 17
この記事を
クリップ

『お願いランキング』(テレビ朝日)の人気企画、カズレーザー&山﨑ケイの「『私って美人ですよね?』で話題になったプロダンサーであり、グラビアにも積極的な福永ありさ。




『a-nation2018』のオープニングアクトダンサーオーディションで、TRFに認められ約1000名のプロダンサーの中から見事センターポジションを勝ち取ったというダンスのテクニックはお墨付きの福永が、5枚目となるDVD『踊るグラドル~dancing pyon pyon~』(メディアブランド)を発売し、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。

ジャケット写真のイメージを合わせた白のビキニ姿、足元はダンサーらしい厚底の靴で登場、164cm 86cm-57cm-86cmのスタイルは、日夜ダンスで鍛えたパーフェクトな肉付きの最高なカラダだ。

普段は「グラドル×ダンサーで“踊るグラドル”として活動をしていまして、イメージDVDの中に、必ずダンスシーンんを収録して来たのですが、今回私が付けさせていただいたタイトルがキャッチコピーのまま『踊るグラドル~dancing pyon pyon~』なので、全7チャプター全部にダンスシーンを取り入れました。今で出した2019年のDVD4枚の集大成のような感じでもあります。いつも“みどころはどこなんですか?”と聞かれると、“やっぱりダンスシーンですね”って答えてきたんですが、今回は全部観ていただきたいです」と力を込めた。選曲も振付もすべて自身で考えたのだそうで、オリジナリティあふれる、グラビアDVDとしては個性的な作品となっている

「水着で踊るとなんかエッチな感じになりがちですが、プロのダンサーにしか見せられない本格的なものを収めたいと思いまして、ガチで踊っているシーンが2つあります。白ビキニの花魁衣装で扇子を持って踊っているのと、デニムの水着にピンクの網編みの衣装に銃を持って踊ってるシーンなのですが、これはダンサーとして魅せるダンスを踊っているので、是非注目して観ていただきたいです」とアツく語った。

2020年は春にドラマ出演が決まっており、女優としても実力を開花させようとしている福永。さらに昨年からライブ活動も始め、ダンスナンバーを中心に水着でパフォーマンスしている。「対バンイベントでも、私だけ水着で戦っています。来月は30本近くのライブをやらせていただくので、幅広く活動していけたらいいなと思います」と、マルチな才能が2020年にさらなる大きな花を咲かせそうだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 48件)

関連タグ