天木じゅん「昔とは違います」二次元Iカップそのままに、溢れ出す大人の色香

グラビア 公開日:2019/12/15 55
この記事を
クリップ

地下アイドルグループ「仮面女子」を卒業してから、148cmミニマムスタイルにIカップバストを装備した二次元ボディで、グラビアにバラエティーにドラマにと大活躍の天木じゅん。そんな彼女が通算7作目のDVD『天木じゅんと隠しごと』(リバプール)をリリース。その発売記念イベントが15日、東京・秋葉原のソフマップで行われ、大人っぽくなった姿と自慢の豊満ボディーを披露して訪れたファンを悩殺した。




クリスマスも近いので真っ赤な水着にしようと思ったんですけど、今日の私は肌を白く見せるために青の水着にしてきました。青いサンタだよー(笑)」と水着を解説してくれた天木。Iカップのバストは水着から飛び出してきそうな勢いで、その破壊力はまた一弾とパワーアップした印象だった。

最新作は、初めて訪れたという沖縄・石垣島で撮影されたもの。「観光シーズンだったみたいでホテルが取れず、逆に女性スタッフの方とスイートルームに泊まっちゃいました(笑)。すごく綺麗な星を見ながらその女性スタッフの方とお話してました」と振り返った天木が、今作では本人役を演じたという。

「今回は私が本人役でロケに彼氏が付いてきちゃったというコンセプト。スリリングな感じの設定となっています。実際にはないですよ(笑)。あったら面白いと思って企画した作品なので(笑)」と苦笑いを浮かべるも、「最初のシーンから激しくて、スタッフさんにも登場していただき、何分後に撮影だから集合!という時に彼氏と隠れて時間を過ごしたりしました。DVDのロケに潜入した気持ちで見ていただけたら、スリリングさを感じて頂けると思います」とアピールした。

印象的なシーンは「朝のベッドのシーンはシャツだけで、そのシャツもはだけました。それに夕陽のシーンは露わになっているので是非見て欲しいですね。お風呂のシーンもセクシーに撮れました」と全編にわたってセクシーなシーンが目白押しだとか。中でも一番のセクシーなシーンは「プールで着た水着はスケスケでしたが、それよりもすごかったのが夜のベッドで着た変形下着風水着。一番セクシーだと思います。着たことのない形の水着で、布もまとっているの?というぐらい肌の出ている面積が大きすぎてめちゃくちゃセクシーに仕上がっています」と着用した水着に比例して夜ベッドが興奮度もMAXだという。

年末ということで、今年を振り返ってもらうと「2019年はやりたいことをたくさんやらせてもらい、成長した1年だったと思います」と充実した表情で、「来年も持ち前の明るさを活かせるようなお仕事を楽しんでやっていきたいです。麻雀もしたいしマルチに活動していきたいですね」と意欲十分。そんな彼女は以前にも増して妖艶な表情をしていたが、「見て分かると思うんですけど、昔とは違います。表面的な大人っぽさですが、そこを活かしながら等身大の自分を出して今後もグラビアなどで頑張っていきたいですね!」とセクシーさを強調するなど、来年はさらに大人っぽい天木が見られそうだ。


   



この記事の画像一覧 (全 39件)

関連タグ