清水あいり、DTを殺すメイドビキニで“ぷゆぷゆ”Hカップゆさゆさ

グラビア 公開日:2019/12/02 22
この記事を
クリップ

ぷゆぷゆHカップの清水あいりが1日、都内でDVD『恋するキモチ。』(エアーコントロール)の発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催。イベント前に囲み取材に応じた。




「DVDとはまったく関係ないんですけど、最近買った水着で、最近の1番のお気に入りの水着です」というメイド風水着姿で登場した清水。昨年12月に発売して以来のイメージ作品となる本作は、清水扮する歯科衛生士と患者との恋模様が描かれているそうで「純粋な恋愛シミュレーションゲームみたいな感じに仕上がってします」と紹介し、「セリフがすごい量だったので、移動中の車もずっとそれを覚えるのに必死でした」と苦労を明かした。

具体的に、どんなシーンが収録されているのか尋ねられると「歯医者さんのシーンは1番新鮮でした。実際に使われていた歯医者さんで、ちゃんと器具を使って『お口を開けてください』と言うシーンがあったり、お酒を飲んでほろ酔いになって関西弁が出ちゃうシーンがあったりして、結構あざとめに出来上がっていると思います」と紹介し、実際もお酒を飲むか追求されると「私、お酒を1滴も飲めないので、酔っ払ったフリになるんですけど、それも照れくさかったりしました(笑)」とコメント。そんな酔っ払った演技が見られるレストランでのシーンが1番のお気に入りだという清水は「ふと隠していた関西弁が出ちゃうあざとい感じが私らしいなって思いました(笑)」と笑顔を見せた。

また、告白のシーンが1番恥ずかしかったそうで「私、実際に告白とかしたことがないので演技になるんですけど、何回も撮り直したりして大変でした」と苦笑し、もっともセクシーだと思うシーンを聞かれると「温泉デートのシーンは1番大人セクシーな感じになっていると思います」とニッコリ。バラエティ番組に出演し“童貞を殺す空手家”として名を馳せた清水だが、童貞を殺せるシーンはあるかとの問いに「やっぱり温泉のシーンですかね。DTには刺激が強すぎるようなシーンになっているんじゃないかなと思います」と答え、そんな本作の出来栄えを聞かれ「100点です」と胸を張った清水は「普通のDVDとはちょっと違って、純粋な気持ちで恋愛を楽しめるなと思って、それが新しい気がします。なので本当に恋愛がしたい人にオススメです」とアピールした。

今年は、グラビア活動やバラエティ番組への出演に加え、男を惑わす“関西弁あいうえお”で歌手デビューして話題を集めるなど大活躍の1年をなったが「今年はあっという間に過ぎていく年でした。周りはどんどん進んでいくのに私の中身だけついていけていない感じで、必死に追いかけていた感じでした」と回顧し、「特に“関西弁あいうえお”もあっていろんなメディアにも去年よりも多く出させていただいたり、“童貞を殺す空手家”というキャッチコピーも浸透してきたのかなと思っていて、街中で『童貞を殺す人だ』って言われるんですよ(笑)。空手家を入れてもらわないと困るんですけど(笑)、そういう風に言われたりして、ちょっとずつみんなに知ってもらえた年になるのかなと思います」と知名度アップを実感していた。

来年の抱負については「やっぱりグラビアアイドルというのはちゃんとやりたいです。ただ、私はグラビアの王道のお仕事が少なくて、雑誌の表紙も今年初めて飾れたんです。逆輸入型が実った感じがして、表紙を飾れたのも“関西弁あいうえお”からメディアに出させてもらって知ってもらってという順番だったから、やっとグラビアアイドルらしいお仕事をさせてもらっているなって感じています」としみじみと語り、「来年もグラビアも本格的にやりたいし、もっとバラエティにも出られるように頑張りたいなと思います」と意気込んだ。最後に近々の告知を聞かれ「1番言いたいのは“関西弁あいうえお”をダウンロードしてください」とお願いした清水。“関西弁あいうえお”はユニバーサルミュージックより絶賛配信中。

この記事の画像一覧 (全 44件)

関連タグ