早瀬あや、3年半の沈黙破りエロく美しく進化した「何度もみたいカラダ」

グラビア 公開日:2019/12/02 23
この記事を
クリップ

週刊プレイボーイ50号(12月2日発売・集英社)では、芸能界引退が迫った川崎あやと、桃月なしこ・黒木ひかり・林ゆめ・十味ほかファミリー大集合の“ゼロイチジャック”第2弾。グラビア全57ページで大特集している。




「今、一番みたいカラダ」「何度もみたいカラダ」と評され、『週プレ』の誌面を飾った早瀬あや、当時から約3年半、伝説のレースクイーンが、ゼロイチファミリア所属となり再び『週プレ』に戻ってきた。

「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー14-15」受賞、「日本レースクイーン大賞2015」新人部門グランプリを獲得、グラビアでも大いにファンを楽しませたが、2017年に芸能活動を休止。今年6月に芸能界に復帰し、現在はネイリストとの二足のわらじを履く。現在、地元に貢献すべく、山形県酒田ふるさと観光大使、山形県遊佐町の「鳥海2236」ゆざ親善大使も務める。

エロく美しく進化した「またみたいカラダ」をあらためて目に焼き付けたい。

Ⓒ佐藤裕之/週刊プレイボーイ


   

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ