小倉優香 カレンダーブック「グラビアっぽい私の最後の姿」

グラビア 公開日:2019/11/23 25
この記事を
クリップ

不動のグラビアクイーン“ぐらちゃん”こと小倉優香が、『小倉優香カレンダーブック2020』を発売。11月23日(土・祝)には書泉ブックタワーにて発売記念イベントに臨み、報道陣の前でいつもの明るい笑顔をみせた。

シックなパープルの衣装で登場のぐらちゃんだが、今回のカレンダーブックのテーマは「王道の明るいビキニ」。天使と小悪魔の両面を持つぐらちゃんの真骨頂が存分に堪能出来てしまうという豪華な一冊。春夏秋冬に合わせたビキニ、冬のシーンでは大人っぽいトレンチコートの下にビキニというセクシーな姿、さらには入浴シーンまでもが収録されている。


昨今のぐらちゃん発言の中でも気になってしまうものと言えば、やはり“グラビア引退”について。

今回のカレンダーブックに関しても「肉体改造直前のポヨポヨしていた時期、ありのままのグラビアっぽい私の最後の姿」と気になる言葉が。というのも最近はダイエットに本腰を入れており、体脂肪率が3%も低下し筋肉量が大幅に増えているのだとか。

それでも今後の活動に関しては「ただ撮るだけじゃなく人に伝わる写真、写真を意味のあるものにしていきたい」「露出の多い衣装や水着も好きなので、撮って欲しい人に撮って欲しい場所で撮って欲しいところを撮ってもらいます」と完全引退とはならないようなので一安心。

そして、自身2冊目のカレンダーブックの中で、お気に入りの写真を問われると、お友達からの評判も良かったという素の表情に近い笑顔をチョイス。なんとこの写真、シンガポールのBARを借り、昼間から少々お酒を飲みながらというほろ酔いの表情なのだとか。

今後は「女性にもかっこいいと思ってもらえるアンジェラ・サグラさんのちょっと下くらいの体型を目標にしています」と方向性も大きく成長していきそうなぐらちゃん。グラビアっぽいぐらちゃんを堪能できる最後の作品になる可能性も高い『小倉優香カレンダーブック2020』は保存版と通常使用版の2冊購入がおすすめだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ