"巨乳すぎる元受付嬢" 海里「過激さでインパクトを残したい」

グラビア 公開日:2019/11/18 39
この記事を
クリップ

今年6月に1stDVD『Debut!』でデビューした期待の新人グラドル海里は、上からB88・W61・H85(cm)という抜群のプロポーションにGカップのバストが魅力の26歳。超美形フェイスに抜群のスタイルの良さ、そしてデビュー前は大手某企業の受付嬢をしていたことから、"巨乳すぎる元受付嬢"と呼ばれて人気も急上昇中だ。

そんな彼女が早くも2作目となるDVD『海の彼方で逢いましょう』(イーネット・フロンティア)をリリース。その発売記念イベントが17日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、水着姿で自慢のボディを披露してアキバのファンを悩殺した。





「白で清楚っぽくしてみましたが、ここはちょっと水着を小さめにして胸を強調してみようかと。わざと小さめの水着です(笑)」と小悪魔的な笑みを浮かべながら水着解説をしてくれた海里。確かに布の面積が小さくてバストが溢れ出そうで、前かがみになって豊満のバストをさらに強調するなど、報道陣の視線を釘付けにしていた。

最新作は、5月にバリ島で撮影されたもの。「バリ島は今回で2回目でしたが、ご飯が美味しくてついつい食べ過ぎちゃいました(笑)」と振り返った海里が、彼氏の妄想をシーンで再現するというシチュエーションものとなっている。
「今回は彼氏の妄想をシーンとして再現するんですが、色んな衣装を着たので面白い作品になっていると思います。ジャケットにもなっているフラワーバスのシーンは、個人的に一番気に入っていますよ♪」と笑顔で作品を紹介。見どころのシーンとして「赤いリボンを巻きつけているシーンがあるんですけど、それを解いていくシーンはセクシーだと思います。リボンを巻き付かれてすごい不思議な気持ちになり、ハマっちゃいました(笑)」とあげながら、「(バストのトップに)シールがくっついているだけのシーンは、露出度がかなり高く、これだけ露出したのは初めてでしたが頑張りました。シールのつけ心地は最高で、開放感があって裸の気分でしたよ。ドハマリでしたね」と胸を張った。

順調に2枚目となるDVDも発売し、今後の活躍にも期待が高まる海里の目標は「グラビアでトップを獲ること!」だそうで、「そのためには日々身体を鍛えます!」と日々の努力の重要性にも言及。現役のグラドルではないが、彼女の憧れは「小学生の時に見たインリン・オブ・ジョイトイさんに衝撃を受けました。インリンさんのグラビアを見て、グラビアって凄いなって思うようになりました」と明かしながら、「過激さでインパクトを残したいですね。次はインリンさんみたいにもっと過激なことをしたいです」と力強く宣言していた。


   

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ