倉持由香結婚記念、2014年ニュース初登場から思い出プレイバック

グラビア 公開日:2019/11/05 74
この記事を
クリップ

11月5日正午、“尻職人”の倉持由香が、10年の交際を経て”プロゲーム職人”ふ〜ど氏との結婚を発表した。

『ストリートファイターⅣ』 が取り持った縁で“カプ婚”とは巧い。「今後一緒にゲーム関連の活動をしていく機会も増えると思いますので、これからもよろしくお願いします! 」とSNSでコメントを寄せ、和装の2ショットは幸せいっぱいの表情。芸能界デビューは奇しくも“ゲーマーアイドイル”。13年下積みだった倉持は、逆境を弾みにしてグラビア界の救世主、ジャンヌダルクとして業界を引っ張て来た。その成り上がり術はビジネス書に著され、同業で悩む子羊たちや同志たちの道しるべとなった。




ドワンゴジェイピーnewsでは、2014年から彼女のニュースを発信してきた。他の多くの媒体が祝辞記事を掲載する中、弊社はどうやって、倉持由香の門出を祝おうか?「ドワンゴジェイピーnews」での、短くも濃いニュースを思い起こそう。その頃に思いを馳せ、人妻となる“尻職人”を心を込めて祝福しようと、結婚式のヒストリーVTRよろしく、8000字超の「尻職人思い出ニュースアルバム“ピン”から“シリ”まで」を贈る。

倉持のドワンゴジェイピーnews初登場は2014年7月27日掲載の『「尻職人」倉持由香が魅せるピチピチブルマ』(https://news.dwango.jp/gravure/3572-1407 )であった。イメージDVD『桃尻彼女』(ラインコミュニケーションズ)のリリース記事だった。当時から100cmのヒップは話題を集めていた。これから4か月後には、このDVDが“アイドルワン”レーベル年間売上ランキングで第2位になったことを報じている。

取材ニュース第1号は、『闘会議2015』サイバーエージェントブースにゲスト出演したニュース『尻職人倉持由香 サブングル加藤からとんでもない目に』(https://news.dwango.jp/gravure/6981-1501 )。お姫様の格好で登場するも、クイズに不正解となると、ザブングル加藤にスカートをはさみで切り刻まれるという、ちょいエロ企画に登場。「ちょっと!いやだあ!見えちゃってますよもう!」と拒絶しながらも、最終的には自慢の100センチむっちりヒップがあらわになると、観客のカメラにポースを取り、笑顔で応じた。 と記事にはある。あの頃から空気の読める子であった。




同年7月には単独インタビューを決行。『グラドル界のジャンヌダルク 倉持由香が描くグラビアの未来』(https://news.dwango.jp/idol/10306-1507 )。グラドルを始めたきっかけや、最初の仕事、グラビア界への憂い、長年ブレイクしなかった苦悩などを話してくれた。「グループアイドルさん全盛で、ヒマでヒマで」とグラビアアイドイル冬の時代の真っ只中を生きてきた倉持。今の発信力はこのころのどうしようもないジレンマが原動力だった。何がすごいって、今でも言っていることがブレていないこと。頭の回転のキレ具合に脱帽した覚えがある。

倉持由香 浜ちゃんに自慢の100cmヒップ蹴られる』(https://news.dwango.jp/idol/10341-1507 )。新作DVDのソフマップイベントの囲み取材記事だが、その中でダウンタウン浜田の冠バラエティー『浜ちゃんが!』に出演が決まったとある。この頃から地上波の出演が増えてくる。当時倉持は「「浜ちゃんに蹴られたり、叩かれたりすると売れるっていうジンクスがあるみたいなので、お尻蹴ってもらったので売れたいです!」 とコメントしている。ご利益ありありではないか!?

弊社のECサイト「ドワンゴジェイピーストア」で、8月2日の“パンツの日”にちなみ、パンツ関連商品を大々的にプロモーション展開した。そのイメージガール的な「パンツ大使」にもなってもらった。

『「尻職人」倉持由香 8.2パンツの日大使に就任?』(https://news.dwango.jp/gravure/10719-1508

「○○大使に任命」とかタレントさんっぽい感じするじゃないですか(笑)。 とノリノリで引き受けてくれた。




倉持が立ち上げた「グラドル自画撮り部」のメンバーが一堂に会したニコニコ生放送が大好評だったのが、2015年8月。『グラドルG7ニコ生セクシー水着で真剣討論 倉持由香は感涙』(https://news.dwango.jp/gravure/11257-1509)。

部長・倉持由香、副部長・吉田早希、書記:塚本舞、鈴木咲、青山ひかる、菜乃花、川井優沙が登場、吉田早希の「「10年もやっていたら拗ねちゃう。結果が出ないとモチベーションも上がらないからTwitterに自画撮り載せてみよう」って最初に倉持由香ちゃんが話しかけてくれました。私のグラビア人生に多大な影響を与えたてくれました。」 と語り、倉持の目から思わず涙が零れ落ちたのが忘れられない。「今日公式ニコ生にみんなで出させていただいて、グラドル業界をもっと知って、グラドル畑にいい作物が育つように、みなさんにお力をいただいて、グラビア畑を耕して行きたいと思います」とアツく語ってくれた。その後、倉持メインのニコ生が4回放送され、いずれも高視聴だった。




ついに『ダウンタウンDX』に出演したのが、2015年の11月。『倉持由香「ダウンタウンDX」で尻アピール!「そんな姿勢してたら屁出るで」』(https://news.dwango.jp/gravure/12564-1511)。当時でTwitterのフォロワー数は15万人。「座りながら尻を前に出すと「ちゃんと座れ!」と今度は浜田雅功にツッコまれ、松本には「そんな姿勢してたら屁が出るで」とにやり。そこで勝俣に「おしりが顔なんですよ!」と助け舟が出され、さらに笑いが起こった」と盛り上がったようすが伺える番組レポートが倉持の勢いを物語っている。

最後のニコ生となったのは2015年12月『ニコ生「グラドル忘年会」倉持由香ら脅かす超個性派グラドル登場に驚愕』(https://news.dwango.jp/gravure/13475-1512)。グラドルの鍋大会を映したらどうなるだろうと?弊社スタッフが温めていた企画。わざと高いところに具材や、ポン酢を置いて「あ、取れない!いや!もう!」とセクシーにノリノリでやってくれた倉持が目に焼き付いている。メインメンバーが事務所の推しを紹介する企画で、倉持は水沢柚乃を紹介。当時年齢の関係で生放送時間に出られずVTRでの推薦であったが、今は“10秒グラビア”を編み出し、プロジェクトのオーガナイザーとしても多方面で活躍している。




1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 28件)

関連タグ