“ノーパンティー”薄井しお里、“パンチラ”は「ものすごく緊張いたしました」

グラビア 公開日:2019/11/05 21
この記事を
クリップ

26日放送の『有吉反省会』(日本テレビ)に出演。緊張する仕事のときは“ノーパンティー”で臨むというエッチな反省が大ウケ。名実ともに“日本一エッチな女子アナ”としてアツい視線を浴びた薄井しお里が、2ndDVD『恋愛予報』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




真っ赤なビキニでお色気たっぷりにしずしずと会場に姿を現した薄井。早速アナウンサーの本領を発揮し、「今日はですね。『恋愛予報』というタイトルがついている通り、みなさまの毎日が明るく、晴天快晴秋晴れであってほしいという願いを込めまして、真っ赤な太陽をイメージして、今日は赤に致しました。でも太陽が2つあるんですけれども。はい。太陽と月かな?太陽と太陽かな?そこは想像しながら…おしりを含めるとどうだろう、水星・木星かなと考えながら楽しんでいただきたいです」と自身の水着レポートで盛り上げた。

6月末に沖縄ロケを敢行した今作。「梅雨明けするかしないかの時期に行きまして、初日雨だったのですが、その後は晴れ間も見えてくれて、良い環境下で撮影が出来ました」とにっこり。今作は元局アナの薄井がリポーター役で登場。「レポート帰りに、彼のおうちに行っていちゃいちゃ、ソファでいちゃいちゃ、海に出かけていちゃいちゃと“いちゃいちゃ”満載となっております。リポーターの部分はよりリアルな私を感じられると思うので、ここまでアナウンサー時代が役に立つ仕事はないなと、楽しくやらせていただきました」と、そのままの薄井が大いに堪能できそうだ。

お気に入りには赤いランジェリーに網タイツを穿いたシーンを選び、「この衣装である食べ物を食べるんですよ。“いっしょに食べる?”なんて言いながら進んでいくのですが、私の“じゅる”と食べるところをですね、共に観ていただきたいです。滴ってきたので“ペロッ”としております」と臨場感たっぷりに説明。さらにセクシーなシーンにはお風呂のシーンを挙げ、「すごく体を洗いました(笑)。足の指に手の指を入れて洗うのが私的にはエッチだなあと思いました。普段絶対見れられないところなので、それが一番恥ずかしかったです。ドキドキした表情も観ていただきたいです」と照れながらも大胆に語った。

「私、眼帯水着というものを始めて着用させていただきました」と2ndDVDにしてグラビアの洗礼を受けた薄井。ほかにも「運動音痴なんですがテニスに興じるシーンがありまして、その中ではパンチラもございます。緊張してしまうと“ノーパンティー”になってしまう私にとりましては、パンティーを撮られるというのは、ものすごく緊張して、とても大変な撮影でございまして、今すぐにでも脱ぎたいと思いました」と振り返った。

『有吉反省会』出演の反響は大きく、「SNSのDMやコメントで“観ました”はもちろんのこと、“お願いですからパンツを穿いてください”といただきましたが、“パンツ”ではなく“パンティー”なんです」とこだわりも主張。緊張の場面で“ノーパンティー”となり、『有吉反省会』では、打合せのの前日から“ノーパンティー”だったと番組で暴露したが、ちなみに取材当日は“イエスパンティー”(穿いている)と会場まで来たそうで、「雨が降りそうなので、そういう時は穿いておりますが、イベント本番の私服は分からないですよ」と含みを持たせた。「穿かないで大丈夫なのか?」と記者から心配の質問が投げ掛けられると「私、パンティー4枚ほどしか持ってないので、困らないんです」と暴露した。


   

この記事の画像一覧 (全 67件)

関連タグ