星名美津紀、ファンの要望に応えHカップな“スク水”姿『2020年カレンダー』で披露

グラビア 公開日:2019/10/20 17
この記事を
クリップ

2012年のデビュー以来、おっとりした語り口と空気感を醸し、ボディはむちむちのHカップだが、攻撃的な雰囲気ではない“やさしい豊満ボディ”でグラビア界随一の“癒し姫”と言っていい星名美津紀

2014年上半期のコンビニ店の水着表紙登場数ランキング第1位に輝くなど、グラビアアイドルを生業として、且つトップグラビアと安定した人気を保ち続けている。そんな彼女が今年も『2020年版星名美津紀カレンダー』(ハゴロモ)を発売。記念イベントが神保町・書泉グランデで開催された。




カレンダーの表紙で着ている、白とトロピカル柄の2トーンのバンドゥビキニ姿で登壇した星名。「まったく同じ水着を着てきましたー。自分の中ではバンドゥ水着が流行っていて、すっきり見せるのがお気に入りなので、白でまとめてみました」といつものにこにこ顔で答えた。

「3~4年連続で出させていただいてま~す!(笑)」とふわり気味の紹介で始まった囲み取材。今年の作品は伊豆・熱川で撮影した全面撮り下ろしのカレンダー。イメージDVDよろしく、ちゃんと「彼氏と2人で温泉旅行」というテーマがあるのだとか。1泊2日の温泉旅行を2か月で1枚の写真+表紙+サービスカットで1年間にまとめてある。

お気に入りは1月・2月のページの、お風呂上がりの浴衣カット。「今回もメイクもスタイリングも全部自分でやったので、お風呂上がりの濡れっぽさとか、質感とかを出すのがすごく大変でした。実際お風呂上りじゃないんですよ。“お風呂上りメイク”て感じです」と振り返った。“ほかのページも可能な範囲でご紹介を”と記者から促されると「せっかくなんで全部!」とサービスし精神旺盛な星名は、本当に全カットにわたり説明してくれたのだが、それでは買ってもお楽しみがないと思うので、代表して3月・4月を記す。3、4月は“スク水”姿で、星名曰く「ファンイベントで、“どういう衣装が好きですか?”て聞いたら、スク水の方が大半で(笑)。ファンのリクエストに応えた形でスク水着ました」と紹介。そのほかにも浴衣や、サンタ、ねこのコスプレなども収められているが、どの月で、どんな星名かは、ぜひお手元で確認してほしい。

残りあと2か月あまりとなった2019年を振り返った星名は「今年はDVDも出させていただいたり、中国でお仕事させていただいたりと、自分の枠に捉われないで、外向きに飛び出せた1年じゃないかなと思います」と語り、来年へ向けての目標として釣りを極めたいと話した。「お父さんが釣り名人で小学生の頃から触れてはいたのですが、ここへ来てハマりだしました。お仕事の方にも繋げていけたらなと思っています。みんなにも釣りの楽しさを知ってもらえるように頑張ります!」と意気込んだ。

デビュー8年目にして“釣りドル”というあらたな活躍の場が広がるか、これからの星名から目が離せない。


   

この記事の画像一覧 (全 40件)

関連タグ