介護士グラドル 鈴原りこ、大胆露出の“羽根ブラ”挑戦「キレイに撮れました」

グラビア 公開日:2019/10/06 40
この記事を
クリップ

グラビア活動のみならず、現役の介護士としても働いている二刀流グラドルとし話題の鈴原りこが、4枚目となるDVD&Blu-ray『課外授業』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。


6月に都内で撮影された今作は、教育実習生に鈴原が挑戦している。「教育実習生の私と生徒が危ない関係になっていきます。過去に振り返って、かつての先生と危ない関係になったことを思い出したりしてます。ちょっと過激ですけど、もりたくさんの内容になっています」と説明。積極的な女性を演じている鈴原だが、「好きな生徒と危険な関係になったところを教頭先生に見られたりして、その教頭先生に脅迫されて、気が付いたら教頭先生とも危ない関係になっちゃっています。いろんな人と危ない関係になって、すごいことになっています」と紹介した。

その中でも一番のオススメのシーンは、「1作目からずっとやりたかった浴衣を初めて着れました。今回ようやく念願がかなったんですけど、その浴衣をあっという間に脱いでしまっているので、着ている意味はあったのかなと思うところもありましたが、とりあえず浴衣が着れてよかったです」と振り返った。また、恥ずかしかったシーンについては、「羽根だけででできている羽根ブラに挑戦しました。おそらく一番肌の露出が高いです。撮影しているときはどのように映っているかわからなかったけど、実際に映像を観てみるとキレイに撮れていたので安心しました」と喜んだ。

今回の撮影ではこれまで経験したことのない体験をしたそうだが、「雨の中、私と生徒が歩いているんですけど、なぜか雨宿りで逃げ込んだ場所がラブホテルだったんですよ。実際にラブホテルの中で撮影をしたので、生々しいシーンになっています。今までラブホテルに行ったことがないんですよ。すごいなと思いましたが、もう一度行きたいとは思いませんでした」と明かした。

これまではロングヘアーだったが、いきなり髪の毛をバッサリ切ってショートカットになった鈴原だが、「バッサリ切ったはっきりした理由とかはないんですけど、髪を伸ばしていても手入れとかヘアアレンジとか上手にできないんですよ。巻くのことすらできないので、伸ばしている意味がわからなくなってきたんです。だから切っちゃえという気持ちが強くなってバッサリ切りました。切った直後にファンの方から「なんで切っちゃったの」とかコメントがありましたけど、似合うと言ってくれる人の方が多いのでよかったです」と明かした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 40件)

関連タグ