鈴木ふみ奈、鯔背な法被姿からこぼれるHカップが超セクシー

グラビア 公開日:2019/10/07 40
この記事を
クリップ

今年でデビュー10周年を迎える鈴木ふみ奈。親しみやすい笑顔と性格にアメリカンサイズのむっちりボディを装備、バストもおしりも両方魅力的という、“スタイルの二刀流”として、常に第一線で活躍。グラビアアイドルを生業とする数少ない名実ともにトップ・オブ・グラドルの“ふみにゃん”が9年連続となる「2020カレンダー」(わくわく製作所)を発売。記念のお渡し会イベントが、秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。




イベント前の取材には、なんと鯔背なねじり鉢巻きに法被姿で登場。その下は白のビキニでたわわなHカップと、美尻が見え隠れしてなんとも粋でセクシーな“ふみにゃん”に記者陣もメロメロ。

「いまグラビアアイドルで一番カレンダー出してるの私なんですよ」と喜びのコメントで幕開けした囲み取材。今作もカメラマン木村智哉が5年連続の撮り下ろし。白ホリと呼ばれる背景布を使用し、あたかもその地で撮影しているような技術を如何なく発揮していたが、今回は初の外撮り。スタジオ照明ではない、自然光での撮影でも木村氏の技術が炸裂。“ふみにゃん”のド迫力の完全ボディを見事にカレンダーに仕上げた。

「今年のテーマは“ディスカバリージャパン”です!去年が海外風のシチュエーションが多かったので、今回は2020年を意識して、私のグラビアに和テイストをプラスして、日本の良いところをたくさんアピール出来たらと思ってます」とアピール。縁側や畳、庭園、檜風呂などで水着姿はもちろん、浴衣や法被を着て、和の世界観でまとめた力作となっている。

お気に入りカットを聞いてみるとやはり法被姿と即答、「法被を着てテンション下がることってないじゃないですか!この私を見て、みんなハッピーになってほしいです」とどうしてもダジャレっぽく聞こえてしまうことに照れ笑いしながら答えた。

グラビア10年という節目でもあり、これからの展望を聞いてみると、「もうちょっと大人っぽい雰囲気にシフトチェンジしていきたいとは思います」とやる気が垣間見えたところで、同世代のグラドル菜乃花が先ごろセミヌードを披露し話題となっている写真集を見たか確認してみると、鈴木は目を見開き「観ました!ほんとに素晴らしいです!“なのかっぷる”(菜乃花)の可愛らしさから大胆さまで、今まで見たことない大人っぽさまで詰まっている素敵な写真集だと思います。私もそういう写真集を来年出せるようになりたい」と絶賛。「初めて観たのがニコ生の競輪番組だったんですが、その時の表情がすべてを物語っています」と興奮気味に話した。

ミスワールド挑戦時には糖質を落とし、“スッと”した体形となった“ふみにゃん”だが、現在はグビア映えする肉感的なカラダ作りにシフトしているそうで、Hカップを誇る彼女が今“育乳”をしているのだそう、「胸に鍼を打ったり、バストサロンにも通って、グラマラスなメリハリボディをまた作っています」と教えてくれた。“グラビアを世界に広める”という野望を胸に、“ふみにゃん”の絶え間ない努力は続いていく。

鈴木は、2020年公開の園子温監督作品『エッシャー通りの赤いポスト』に出演が決まり、このほど撮了した。役柄など詳細は今後明らかになるそうなので、女優 鈴木ふみ奈にも期待が集まる。


   

この記事の画像一覧 (全 55件)