グラドル&RQ大集合、初秋の大磯が百花繚乱水着まつり

グラビア 公開日:2019/09/24 251
この記事を
クリップ

高崎かなみ大貫彩香真島なおみというグラビア界を席巻している逸材を輩出した「サンスポGoGoクイーン」の第2回オーディション準決勝進出者が一堂に会した撮影会が、神奈川・大磯ロングビーチで開催され、加えてゲストアイドルとして、トップグラドル、話題のグラドル総勢37名も集合し、盛大に開催された。




また撮影会前に行われた「サンケイスポーツ レースクイーンAWARD2019」初代女王の川村那月と、準グランプリの今井みどり中村比菜宮本りおも参加。貴重な水着姿が撮影できるとあって、日ごろの主戦場、サーキットでは見られない彼女たちを収めようと、モーターファンも大勢駆けつけた。

当日は、前日の雨模様が嘘のように晴れ渡り、気温も急上昇。秋分の日とは思えない、真夏が帰ってきたような暑さとなった。ただ、お昼ごろには台風から変わった温帯低気圧の余波を受け、豪雨となった時間帯もあり、撮影会も一時中断を余儀なくされたが、今季最後となるプールでの撮影会とあって、多くのファンが押し寄せた。

第2回「サンスポGoGoクイーン」オーディションセミファイナリスト進出者は、8°25、YUKIA、宮本なる、三井瞳、小森ほたる、水原乙、水咲優美、麦酒里栄、舞波ゆうり、宝生まりな、末梨一花、ねむいりさ、吉沢真穂、桜井ゆき、小鳥遊まゆう、西永彩奈、竹川由華、中﨑絵梨奈、長倉唯、渡辺果歩、渡邉まり恵、立川愛梨、Azully(エントリーナンバー順)の23名。

ゲストとして撮影会に花を添えたのは、初代「サンスポGoGoクイーン」の高崎かなみ大貫彩香真島なおみはもちろん、準グランプリの河路由希子、審査員特別賞の元アナウンサー薄井しお里、「2019第10回ミスヤングチャンピオン」グランプリの青科まき&元NMB48肥川彩愛、人気グラドルユニットsherbetから、リーダーの犬童美乃梨橋本梨菜有村瞳佐藤望美清瀬汐希、プロレスとの二足のわらじ あべみほ樹智子粕谷まい片岡沙耶、名古屋発アイドルグループdela近藤真琴、同じく名古屋発アイドルグループOS☆U斉藤めぐ、パイアートの椎名香奈江、“童貞を殺す空手家”清水あいり、“身近な愛人”園都、現役女子大生グラドル高梨瑞樹徳江かな、R・I・Pの秘蔵っ子仲村美海、R・I・P GIRLSから葉月あや、“エロすぎるグラドル”森咲智美、“脱いだらすごい”☆HOSHINO、トップグラドルの菜乃花仁藤りさ日野麻衣、「YAグラ姫2019」グランプリの星ゆりか、ダンスユニットCHERRSEEMIYU南沙羽堀井仁菜もも、115cm Kカップもももも、“干物グラビア”で話題を呼んだ吉野七宝実の豪華な面々。

4種類の様々な水着に着替えたグラドルたち。お目当てのモデルはもちろん、目移りする絢爛豪華なメンバーに、ファンは東奔西走。仕切りにシャッターを切っていた。期待を裏切らない森咲は、突然激しくなった風雨の中でも「エロを突き通す!」と宣言し、露出の多い変形水着を食い込ませ、ファンサービス。このメンバーでは先輩格の菜乃花は、さすがの貫禄。ずっと見ていたいフィギュア体系Iカップボディで次々とポーズを繰り出し、ずっと人だかりができ、カメラが絶えることはなかった。テレビでも魅力を振りまく橋本や清水も大人気。橋本はファンと気軽に話をしながらあのキュートな笑顔で対応。清水もナマで観る”Hカップぷゆボディ”の綺麗さにファンは言葉を無くしてシャッターを切り続けていた。

エロさという点では、粕谷と仁藤が目立った。粕谷は最初、ボディラインがハッキリのぴたぴたレオタード風のピンクのワンピース水着で登場。透け感もあり目のやり場に困ったが、誘うような表情にはグッときた。2回目の変形水着ではほどよいFカップ美巨乳で誘い、ファンを釘付けにした。仁藤はネットで密かに話題にとなっている謎のOL。163cmのスレンダーボディにギリギリ露出の水着で登場。表情も豊かでついつい惹き込まれてしまう魅力の持ち主。際どい白の変形水着も難なく着こなし、マイクロビキニもそのスレンダーなカラダを目一杯伸ばして、くびれやあばらを浮き立たせてポージングするが、それが実にそそる。今後注目したい。

季節の移ろいのなかで、1日だけ帰ってきた灼熱の夏。ファンもグラドルたちも思い出に残る1日となったのではないだろうか。

この記事の画像一覧 (全 154件)