「サンケイスポーツ レースクイーンAWARD 2019」初代女王、川村那月に栄冠

グラビア 公開日:2019/09/23 21
この記事を
クリップ

サンケイスポーツがレースクイーン業界に本格参入、将来ブレイク必至のレースクイーンの原石を探すべく今年から開設された「サンケイスポーツ レースクイーンAWARD 2019」の初代グランプリの発表セレモニーが、神奈川・大磯ロングビーチで行われた。

最終グランプリ候補6名に名を連ねたのは、今井みどり(KeeperAngels)、 川村那月(ZENT Sweeties)、澤田実架(ZENT Sweeties)、中村比菜(2019 KOBELCO GIRLS)、宮本りお(D'STATIONフレッシュエンジェルズ )、南真琴(LEON RACING LADY)の面々。集まった多くのファンから個々に大きな声援が飛ぶ中、その声に応え手を振るファイナリストたち。その表情は笑顔ながら、どことなく緊張感が感じられる。




そんな中、栄えある初代「サンケイスポーツ レースクイーンAWARD 2019」に輝いたのは、川村那月。いつもは飛び切りのスイートなスマイルを見せる川村は、発表の瞬間顔をくしゃくしゃにして号泣した。「みなさんの応援のおかげでレースクイーンの一番になりました!これからもモデル、タレント業を通じて、モータースポーツ界に貢献できればと思います。本当にありがとうございました」と深々と頭を下げると、観客のあちこちから「なっちゃんおめでとう!」の祝福の声が上がった。

準グランプリは接戦の末、今井みどり中村比菜宮本りおの3名が選出された。栄冠を勝ち取った4名は、ビーチでの撮影会ということもあり、貴重な水着姿を披露。報道陣からのフラッシュを浴び、喜びを噛み締めた。

写真左から今井みどり川村那月中村比菜宮本りお


 

この記事の画像一覧 (全 27件)