高橋凛 改名デビューDVDは王道シーン満載、“りんりん”のHカップが眩しい

グラビア 公開日:2019/09/09 12
この記事を
クリップ

2014年スカウトされグラビアデビュー、エキゾチックな顔立ちに天然の優しい空気感を纏い、むっちりしたHカップボディですぐさまグラビアファンの心を射止めた“りんりん”こと高橋凛。今年4月の事務所移籍を機に、5年間活動してきた橘花凛から心機一転改名した。今回改名後初となる新作DVD『ミルキー・グラマー』(竹書房)をリリース。記念イベントが秋葉原ソフマップで開催された。




『ミルキー・グラマー』は竹書房の老舗シリーズだが、高橋はデビュー年の秋にも同名のDVDをリリースしており、名義は違うものの約5年ぶりに再登場となる。トータル14枚目となる今作はバリ島で撮影で、看護師役に初めて挑んでいる。「現地で知り合った男性とデートをするというストーリーになっています。けっこう日常に近い感じでみなさんに観ていただけるかなあという感じです。赤ビキニでお外で遊んだり、一緒にお風呂に入って洗いっこや、朝ベッドで“おはよう”とか王道という感じですね。ピンクの部屋着なんかはノーブラですけど、全体的に外の日差しのもと、明るいトーンの作品になっています。プールシーンでは変形ビキニとかも着ていて、いろんな私が観られる朔人になっている思います」と流暢にまとめた高橋。

お気に入りはメイド服を着たシーンを選び「これ可愛かったんです。30歳も近いのにこんなこと言っちゃてるんですけど(笑)、SNSに載せたときにファンの方も反響も大きくて嬉しかったのと、やっぱりジャケットにもなっている赤ビキニが王道なので、目を凝らして観て欲しいです」と笑顔。

名字が変わった点について「結婚して変わったわけではないんですか?」と言われ、笑顔で「ではないです(笑)。高橋は本名なんです」と説明。「橘花凛時代は、グラビア中心に活動させていただいていたんですが、高橋になって、お芝居や、バラエティー番組など、いろんな方面で活躍できるよう、新たなスタートができたらなと思っています。グラビアはオファーいただければたくさんやりたいのでみなさんお仕事お待ちしておりますー」と抱負を語った。

囲み取材には青のボーダーのビキニ姿で登場したが、「同じ形でピンクも持っているのですが、ソフマップさんが新しくなったということで、色を合わせてやって参りましたー。よろしくお願いしまーす!」と笑顔を振りまいた。

秋には主演舞台が続くという高橋、始まった“りんりん第二章”に大いに期待したい。


   


   

この記事の画像一覧 (全 48件)