女子からも絶大な人気、CYBERJAPAN DANCERS初の主催ライブで溢れた涙と笑顔

グラビア 公開日:2019/09/04 8
この記事を
クリップ

女子からも絶大な人気を博し始めているラブリーでセクシーなゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS(サイバージャパンダンサーズ)」が、1日(日)に初の主催ライブ『CYBERJAPAN DANCERS BIKINI de LIVE !』を豊洲PITで開催、2,500人を動員した。




オープニング映像に合わせて総勢19人のメンバーがキュートなBIKINI姿で1人ずつステージへ登場。メンバー全員が出そろうや否や会場に詰めかけたファンから大きな歓声があがり、CYBERJAPAN DANCERSのライブパートⅠが『ダイスキなBest Friend』からスタート。先月リリースになった初のアルバム『BIKINI FOREVER』のリード曲『スキスキスー』まで6曲を披露した。中毒性のあるサビ歌詞「スキスキスー」のリフレインが豊洲PITにこだまし、前半から会場のボルテージは最高潮にヒートアップした。

ゲストアクト寿君の熱いレゲエLIVEを経て、CYBERJAPAN DANCERSのメンバーによる綱引き大会へ。軍手をはめて可愛くも真剣に勝負を繰り広げた。そしてMika Tらメンバー6名によるDANCE SHOW TIMEに入り、セクシーでクールなダンスショーケースを披露。ライブだけにこだわらないCYBERJAPANの魅力が次々に披露されていった。

ゲストアクト レイザーラモンRGのパンダの人形片手に熱唱するパフォーマンスで再び会場の熱気が高まっていく。その後レイザーラモンRG、CYBERJAPANメンバー、そして追ってネタを披露するパリピ芸人EXITも参加してのトークコーナーでは、レイザーラモンRGにふられメンバーのKAZUEが台本には無かった『いすゞのトラック』をアカペラで歌う一幕も。

続いて渡辺シスターズによるDJ TIMEへ。EDMで会場を盛り上げた後、DJブース下でうる星やつらのラムちゃん姿に早着替えしたKAZUEが、今後はしっかり『いすゞのトラック』を改めて披露。さらにはJunonとKozueが1人ずつ歌とダンスパフォーマンスを披露した後、CYBERJAPAN DANCERSのプロデューサーMITOMI TOKOTOのDJ TIMEへ突入。これまでのCYBERJAPANの楽曲を中心に、メンバーがセンターステージや花道でまさにゴーゴーダンサーとして踊る中会場をクラブへと仕上げていった。そしてパリピ芸人EXITの登場。「ショートEXIT」を次々と披露し、会場を沸かせた。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)