小倉優香 女性目線を意識して肉体改造中、憧れBODYはアンジェラ・サグラ

グラビア 公開日:2019/08/31 15
この記事を
クリップ

女優でグラビアタレントの小倉優香が31日、都内でデジタル写真集『ぐらぐら』(講談社)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

女性誌『with』発の同写真集では“服を着ているのに水着よりもセクシー”な新境地を開いており、くびれたウエストにふわふわのボリュームバストでありながら、しなやかな筋肉がついたヘルシーボディは、女子の憧れそのもの。そんな小倉が沖縄の解放的な太陽の下で、セクシーな服やランジェリーをまとい、美ボディを披露。衣装はすべて小倉本人が大量に試着して選んだもので、デジタル写真集としては異例の12シーンを撮り下ろしている。さらに「ねぇねぇゴロゴロしない?」「見ちゃダメ」「すっごい気持ちいい」など、まるで彼氏気分を味わえるファン悶絶の12の生音声も収録している。




女性誌『with』のレギュラーモデルになって初めて撮影したものが同写真集に収められているそうで「4月に竹富島に撮りに行きました。素敵な宿で、食事も美味しくて、カメラマンさんがめちゃくちゃ面白くて終始楽しかったです」と撮影時を振り返り、『with』のレギュラーモデルになった感想については「今までは男性目線の写真が多くて、自分もその中で体型維持をしていたんですけど、女性目線の写真が増えると、もうちょっと絞りたいなとか、メイクの好みも変わってきたので、これからどんどん自分が変わっていくんじゃないかなと思います」と語った。

お気に入りの写真を聞かれると「ボイスが付いている写真が12枚入っているんですけど、写真に合ったボイスが入っているので、その写真たちは現場の雰囲気とか想像しやすいので、お気に入りです」と笑顔を見せ、さらにお尻のアップの写真を挙げ「いつも撮っているんですけど、女性誌のスタッフさんが撮ったやつはおしゃれに見えるなって(笑)」と声を弾ませた。

体作りについて「今までは胸を落とさずに、ある程度細くなればいいやって感じでやっていたんですけど、今は腹筋を割りたかったり、ヒップを筋肉でギュッとしたいと思っています」といい、「週の半分以上は運動をするようにしていて、ヒートトレーニングとウエイトトレーニングとボクシングをやっています」と告白。食事については「1日に食事を5〜6回とっています。3時間おきに食事をとるようにしていて、本当は1食分を半分に分けて6食何ですけど、私は1食分を6回食べちゃっていて、その分めちゃくちゃ運動しています」と明かして笑いを誘った。

自信のあるパーツを聞かれると「肩幅が広いので、細くなっても貧相にならないし、かっこいい体を目指せる骨格だなって思います」と胸を張り、腹筋は割れたか尋ねられると「今は光の加減によっては見えるんですけど、まだ『どうぞ!』って言って見せられるほどではないです。このとき(撮影時)1番太っていて、今痩せたので、比べるという意味ではウエストを見せられるけど、腹筋は割れていないです」といい、ウエストをチラ見せしてくれた。

さらに、理想のボディはどんな体か追求されると「無理なんですけど、アンジェラ・サグラっていう南半球の国のモデルさんがいて、その方が(筋肉)バッキバキなんですよ。顔もかわいくて、たぶんおっぱいは入れてるけど、そういう体に憧れます。よく下乳を出すんですけど、それをやってもエロくならないのが憧れます。いまの私がやっちゃうと男性向けのイメージになっちゃうから、そうじゃなくてカッコよくいろいろ出したい(笑)」と目を輝かせ、「めちゃきれいで、それを目指そうとすると現実的にほぼ不可能なので、それを目指して行けば、いまの彼女の体の中間くらいまでいけると思うので、目指すためにホーム画面にしています」と打ち明けた。

女性目線を意識した体の作り方と、男性目線を意識した体の作りかたの違うについては「私はそんなに意識はしていないです」といい、「女性には私が今、努力して作っている筋肉とかを見てほしくて、男性は体が豊満な子ってけっこういると思うんですけど、顔が好きとか、筋肉がついて締まっているけど胸があるのがいいって言ってくれる男性に見てもらいたいですね」と同写真集をアピールした。


   

この記事の画像一覧 (全 44件)

関連タグ