平田梨奈、平嶋夏海&永尾まりやグラビア先輩陣に“日本一エロい”森咲智美もライバル視

グラビア 公開日:2019/08/03 36
この記事を
クリップ

AKB48 12期生メンバーとして活動を開始し、自由奔放な性格で人気を博した“ひらりー”こと平田梨奈

アメリカとのハーフで、そのきりっとしたなかに爛漫さを備えた美人フェイス、そしてAKB48時代では分からなかった、アメリカンサイズのむっちりFカップボディが今回白日の下に晒され話題が話題を呼んでいる。そんなひらりーが本格的にグラビアに参戦した処女作『ひらりーTIME』(ラインコミュニケーションズ)が先月発売、記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




イベント前に囲み取材に応じた平田は、自慢のダイナマイトボディは、「イベントに来てくださったファンの皆さんのために取っておきます」と取材陣にお披露目とはならなかったが、夏の日差しを受けながらほほ笑むしっとりとした少女というイメージの清楚な真白のワンピース姿で登場。最初のうちは緊張をしていた彼女も、質問を受けるうちにエンジンが掛かり、滑らかトークへと空気感を変えた。

記念すべきファーストDVDは宮古島でロケを敢行、制作段階から自分自身も意見を積極的に出したそうで「コンセプトに拘って、こういうの撮りたいとか、こんな衣装着てみたいとみんなで楽しく打合せをしていって作った作品です。なので、私の見た事ないような顔だったり、元気な姿だったり、大人っぽい一面だったり、いろんな姿が見られる私らしいDVDができたんじゃないかなって思います」と説明し、今回絶対撮りたかったシーンが“濡れ髪”と言い切る平田。「女の子がシャワーシーンとかで濡れてる状態が、めっちゃエロいって思うんですよ。だからどうしても撮りたくって、お風呂のシーンがとても思い出深いです」と振り返った。

また、ファーストDVDから大胆にも手ブラシーンを何シーンか撮っているが、「Blu-rayのジャケットのほうの手ブラは、タンクトップを脱いで(手ブラに)なるんですが、ベランダから海が見えたので、その手をパーンで広げちゃって“イエーイ!!”って言っちゃって(笑)。カメラマンさんに注意されちゃいました」と自由過ぎる“ひらりー”らしいエピソードを披露した。セクシーなシーンを問われると「どれやろー?と悩んだ挙句、ビスチェかなあ、あとDVDのジャケットの手ブラですかね。帽子で隠すのって今までないかなって、セクシーに撮れましたね」とご満悦の様子。

ハーフの強みを生かした英語を操るシーンはないか問われると、「家庭教師で英語教えるシーンがありますよ」とにっこり。記者から英語以外に教えることは?と意地悪な質問をされ、「え?セクシーに捉えていいんですか?」と確認し、「いやあまだまだ21歳なので、セクシーはこれからです。日本一エロいグラドルの森咲智美さんくらいセクシーになんなきゃですよね!」と宣戦布告。すでにAmazonで平田のDVDが1位になったことで「もう倒しちゃったの!?いやでもまだまだ。まずはコンビニの雑誌全部表紙目指して頑張ります」と本気のグラビア参戦をアピールした。「自分の先輩でグラビアが強い平嶋(夏海)さんとか永尾(まりや)さんとか強敵ですよね。でもせっかくやるからにはね!私すごいライバル心強いんで」と先輩2人にも負けないと宣戦布告した。

こんなセクシーで大胆な映像作品を世に出して、今までのファンやAKB48同期メンバーの反響が気になるところだが、「同期全員で食事した時に“ひらりー大丈夫か?”って言われましたよ。でも“良いカラダしてんじゃん!”って言われました」と嬉しそうに笑った。

同期メンからのお墨付きももらったひらりーのダイナマイトボディにこれから目が離せない。

DVDシーンカットⒸLine Communications.,Inc. 


   


   

この記事の画像一覧 (全 40件)