来春引退 川崎あや「胸がなくても」頑張っている子たちの希望に

グラビア 公開日:2019/07/29 76
この記事を
クリップ

デビュー5年、可憐な空気と、二度見するほどの細いウエストは52cm、ぷりっとしたお尻へのラインとくびれで“あやカーブ”との異名を取り、豊満ボディがもてはやされたグラビア界に“スレンダーボディ”という風を吹かせた川崎あや。25日にSNSで来春で芸能界引退を発表。グラビアアイドルやファンが驚きを以って受け止めたが、その発表は同日に発売された、川崎が5回目の表紙を飾った「ヤングジャンプ」(集英社)誌上でも“引退”の活字が躍り、衝撃が走ったが、28日には「ヤングジャンプ」表紙記念イベントが都内で開催され、報道陣の囲み取材に応じた。




最初トレンチコートを着ての登場に度肝を抜かれたが、そのコートをはらりと脱ぐと、川崎のボディラインが大いに拝めるオレンジのビキニ。もちろんハイレグデザインのセクシーな水着で、報道陣をメロメロにした。

もうすっかりおなじみとなった“ヤンジャン”のグラビア。今回も「やっぱり川崎あやといえばハイレグなので、全部ハイレグなのですが(笑)。お気に入りが見開きの写真ですね。今まで”ヤンジャン”は明るい感じが多かったんですけど、オトナっぽくしっとりめに、車の中で撮ったんですが、光の加減もキレイで気に入ってます。デニムパンツもハイレグなんですよ」とにっこり。さらにセンターグラビアには、今までの”ヤンジャン”で披露した、表紙に限らず、センター&巻末グラビアを振り返り、“ヤンジャン”からの感謝のグラビアが収められている。なかでも青、赤、白の三色のハイレグ競泳水着は、読者に強烈な印象を与え、「ほかの子が着てても“それあやちゃんの競泳だよね”って言われます。トレードマークになってるんだなって。ここから始まったなあって感じします」と思い出を話した。

引退について語ってくれた一問一答は次のページ→

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 83件)

関連タグ