“くびれの女神” 川崎あや、引退を表明「私にとってグラビアが通過点ではなくゴール」

グラビア 公開日:2019/07/25 134
この記事を
クリップ

7月25日(木)発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)では、くびれ&ハイレグクイーンからグラビア界のクイーンへと上り詰めた川崎あやが表紙&巻頭&センターグラビアで登場しているが、その表紙にはにわかに信じがたい衝撃の「引退」という二文字が刻まれていた。




川崎あやが引退を表明した。活動期間は2020年3月まで。

川崎は自身のtwitterにもその思いを綴った書面をアップ。

引退は1年前から考えていたというが、「みなさんに発表することが苦しくて申し訳なくてずっと思い悩んでいました」と吐露。5月に2か月間の休養宣言をした際、その時点で引退を決めていたとも告白。「復帰後の引退までの9か月間を全力で駆け抜けるための必要な時間でした」と語った。

川崎は「私にとってグラビアアイドルが通過点ではなく、始めたときからそこが目標でゴールでした」と、女優やタレント活動を実現する布石としてグラビアの経験を踏むという事例はたくさんあるが、川崎にはその選択肢はなく、グラビアを極めることが最大にして揺るぎのない”夢”の到達点であった。

残り少ない9か月。デビュー5年、グラビア界に大旋風を起こした”くびれ”の女神は、来春そっと、そのくびれを衣装で隠し、みんなに元気をくれた戦闘服”水着”を置いて去ることになる。

川崎あやインタビュー>

―ヤングジャンプ5回目の表紙おめでとうございます!

ありがとうございます!こんなに何回も表紙を飾れるなんて本当に皆さんの応援おかげだと思っています。今回もハイレグ衣装で素敵に撮ってもらいました!

―過去も含め5度の表紙の中で印象に残ってる撮影や表紙を教えてください。

犬と鎖で繋がれて表紙撮影をした事がかなり印象的でしたね。撮影っていつも一人なので犬と一緒は緊張しましたけどね!あと私、動物が好きなんですけど苦手で笑 そういう意味でもドキドキしました!今回は引退を決意しての撮影だったので撮影が決まってからずっと少し複雑な気持ちで当日の朝を迎えたんですけど、現場に行ったらいつものスタッフさん達がいて、安心して楽しく撮影出来ました!

―今回の表紙で来年3月の引退を発表されましたが、心境はいかがですか?

心がザワザワしています。Twitterでも私の想いの全てをツイートさせていただきましたが全力で駆け抜けた5年間でした。応援してくれた皆さんがいなかったらここまで頑張ってこられなかったし、こうしてヤングジャンプさんで引退を発表させてもらえる事もなかったと思うんです。関係各社の皆様もありがとうございました。川崎あやにお仕事をくださって、毎回その期待に応えたいと必死でした!近くで支えてきてくれたスタッフの皆さんにもいつもありがとうって伝えたいです。きっと川崎あやってこだわりが強くて結構面倒くさかったと思うんですよ笑 それでもいつも支えてくれて本当に感謝しています。

―今回のYJ紙面巻中に「川崎あやさん、ありがとう」ページ全カット掲載されてましたが。

あのページ、私に向けての言葉が書かれていて、、。泣いちゃいました。私の方が「ありがとうございます」って言いたいです。ヤングジャンプさんでこうして、一人のグラビアアイドルの引退をこんなに表紙にまで書いていただいて。こんなに沢山の愛をいただいて、凄く嬉しいです。

―引退までの残り8ヶ月間をどのような思いでどの様に過ごされる予定ですか?

実は5月から2ヶ月間の休養をさせて頂いたのですが、あれは引退を発表してからの残り8ヶ月間を全力で駆け抜けるための期間でした。今はとにかくやる気に満ち溢れています!最後の最後までグラビアアイドルでいられるようファンの皆さんとの交流も欠かさず頑張っていきたいです!

川崎あやにとって「グラビアアイドル」とはどのような存在ですか?

私にとってグラビアアイドルは通過点ではなく目標でありゴールです。この仕事を出来た事に誇りを持っています。

―最後に読者の方々、ファンの方々へ

いつも応援してくれる皆の顔が一人一人思い浮かんできて私は本当に暖かいファンの皆に支えられてきたなぁと今すごく穏やかな気持ちです。最後にヤングジャンプさんから「ラスト写真集」というプレゼントもいただきました。
撮影はまだなのですが、頑張って来たいと思います!残り8ヶ月間あります!最後まで涙は見せたくないので皆もどうかいつもの笑顔で会いに来てね!引退する前に応援してきてくれた一人でも多くの方にお会いして、ありがとうって言いたいです!


   

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ