森咲智美、限界Y字水着に記者陣も驚嘆「着てよかったです」

グラビア 公開日:2019/07/14 179
この記事を
クリップ

日本一エロすぎるグラビアアイドルとして旋風を巻き起こしている森咲智美が、13枚目となるDVD『M』(イーネット・フロンティア)をリリース。発売を記念したイベントが、東京・書泉ブックタワーで行われた。

4月に沖縄で撮影された今作は、高級コールガールと主婦の二面性を持った女性を演じている。「主婦を演じているときに、いま着ているこの水着で旦那さんを誘惑しています。私はY水着と呼んでいます」と囲み取材で登場した目の覚めるような“エロい”水着姿で、森咲のSNSで見かける“これがこう”的な説明、がっちり記者のハートを鷲掴みにした。




さすが日本一エロいグラドルの面目躍如な大胆水着を披露してくれているが、撮影は野外で行ったという。「海で撮影したんですよ。人がいないプライベートビーチみたいなところで撮ってたので、おそらく人には見られていないと思います。今までもかなり際どい水着を着てきましたけど、さすがにこれを着るのは勇気がいりました」とコメントした。実際に着てみた感想を聞かれると「数あるグラビアアイドルを見てきた記者さんが「オー!」って言ってくれたくらいなので、これは「やったぞ」という気持ちになりました。着てよかったです」としてやったりの笑顔。

「全体に全部エロで仕上げていますけど、みんなが好きそうなのは裸エプロンですかね。エプロンでご飯を作って、どんどん脱いでいっちゃったりとか、食べ物をペロペロしたりとかしているので、誘惑している感じがしっかり出ています」とおすすめシーンを挙げた森咲。中でも一番のエロいシーンについて聞いてみると「赤いボンテージの衣装がエロ度は高いですよ。コールガールを演じているときに、私を呼んでくれたお客さんに対していじめているんです。ムチを持ちながらビシビシやっています。でも私ってムチは向いていないと思いました。本当に上手くできないんですよ。実際に私はMなので大変でしたけど、それでもエロくできているので見どころです」と納得の表情を見せた。

自分はMと告白した森咲だが、お金持ちの男性にいじめられたいそうだ。我こそはと思う男性はアプローチするチャンスかも?


   

この記事の画像一覧 (全 44件)

関連タグ