Hカップ“ぷゆボディ” 清水あいり「関西弁あいうえお」がダンスミュージックに

グラビア 公開日:2019/07/14 34
この記事を
クリップ

今年放送された日本テレビの特番「女が女を怒る夜」で“100人に口説かれた女”として紹介され、男を惑わす魔性のテクニック「関西弁あいうえお」を披露、男性出演者をメロメロにした清水あいり

あいうえお作文で関西弁女子の“あざとさ”を表現したこのネタは“あざとすぎる”と大ウケ、twitterのトレンド入りを果たした。その「関西弁あいうえお」をユニバーサルミュージックがダンスミュージックにするべく立候補。今回配信リリースが急遽決定した。

☆2019/01/21 掲載記事「Hカップグラドル清水あいり 男を惑わす”関西弁あいうえお”の破壊力」


楽曲は水曜日のカンパネラ・ケンモチヒデフミが提供。曲に乗せてあざとい女のエピソードが語られ、「あかん」「いやや」「うつってしもた」「ええやん」「男の子やな」という“関西弁あいうえお”を感情込めて清水あいりが声にするという不思議な楽曲が完成した。

またミュージックビデオでは様々なコスプレに身を包み、デートシーンに加え、なんと初めてダンスも披露。今日13日からティザー映像をフォロワー75万人を誇るインスタグラムほかSNSで順次公開していく。

春の打合せから楽曲制作、レコーディングそしてミュージックビデオ、ジャケット撮影と作業が進むなか、実は清水あいり本人はずっと“ドッキリでは”と思いつつ、“胸を膨らませながら”日々を過ごしていたそう。しかしながら作品は無事完成。今日の発表を迎えた。

元々「童貞を殺す空手」を武器にバラエティ番組で活躍し、今月16日には写真集「秘匿」の発売を控え、先日7月7日の写真集発売イベントも大盛況とグラビアアイドルとしては大忙しの清水あいり。

今回「自分の曲をレコーディングしたり、自分の曲を聴きながらミュージックビデオを撮影したりするのが信じられなかった」という“初体験”を経て歌手デビューすることになり、「スタッフの皆さんが私の良さを引き出してくれて、中毒性のある曲になりました。私がまずヘビローで聴いています。」とかなりお気に入りの作品となりました。

こうやって完成したこの楽曲、その“あざとさ”でこのあと世の中を席捲するかもしれない。どこまで“あざとい”かぜひ試しに一聴いただきたい。


[デジタルリリース情報]

清水あいり

「関西弁あいうえお」

7月24日(水)各音楽配信サイトにて配信スタート

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ