天羽希純「水のシーンが欲しかったんです」”C.5カップ♡”がセクシーに濡れる

グラビア 公開日:2019/07/06 62
この記事を
クリップ

“キスで世界を埋め尽くす”をキャッチフレーズに活動する6人組アイドルユニット「READY TO KISS」に2016年に加入。天使の笑顔と、グラビアで魅せる、適乳”C.5カップ”のフレッシュボディで人気急上昇中の“きすみん”こと天羽希純。




「”きすみ”は本名で、READY TO KISSに入ったときは“運命じゃん”って思いました」と笑うきすみん。 グラビアでも、昨年12月に発売した1stDVD『Kiss Me』が発売されるや否や大ヒット。発売記念のイベントは、久松郁実、忍野さら以来の完売となり、みんなきすみんの魅力に心射抜かれた。

そんなきすみん待望の2ndDVD『my first kiss』(エアコントロール)が発売となり、秋葉原・ソフマップで行われたイベントでは、またもや完売の大盛況となった。

イベント前の慌ただしい時間に囲み取材に応じたきすみんは終始笑顔。担当カラーである紫をモチーフにした花柄のひらひらビキニで登場。「男の人はフリフリしてたら可愛いと思ってくれるかな(笑)っていう気持ちと、ピンクのリボンを合わせて、プールとかに普通にいる女の子のイメージで選びました」とにっこり。「こんな可愛い子、普通のプールサイドになかなかいないよな」と取材陣の誰もが思ったのではないか。

1stDVDに続いて制服姿がジャケット写真となっているが、「私が中学のときからずーと好きな先輩がいるという設定で、中学卒業の時に“私、先輩とおんなじ高校行く!”って言って、ちゃんと入って、そこから猛アタックしていくというお話です。セリフもしっかりあって、1stと違って覚えるの苦労しました。23歳なんですけど、中学生役もやったというね(笑)。」と照れ臭そうだったが、おすすめのシーンには「お弁当を作るシーン」と答えたきすみん。「初めてたこさんウインナーをたくさん焼いたのですが、切れ目を入れたところが広がるのにびっくりしました!えー開くのーって(笑)」と、ウインナーの変化を初めて目の当たりにしてかなり驚いたようだ。

企画段階で水に入りたいと進言していたといい、今作もしなやかなボディラインがそそる競泳水着姿を披露している。「水のシーンが欲しかったので、室内プールでもめちゃめちゃ冷たかったのですが、願いが叶って嬉しかったです」。さらに印象に残ったシーンとして“運動のシーン”を挙げ、「私の中で、運動とグラビアってなかなか結び付いていなかった部分があったので、すごい新鮮でした。なんかの機械で、引いたり、開いたり、なんの筋肉に効くのか分かんなかったです」と無邪気に笑顔をみせた。それではと恥ずかしかったシーンを聞いてみると、「お風呂を洗ってるシーンですね。洗ってる体制によっては“ちょっと恥ずかしいなあ”と思ったのと、そのまま濡れちゃってシャワーを浴びるんですが、個人的に水=セクシーというイメージがあるので、そこも恥ずかしかったです」とはにかんだ。

今作はDVD2枚組で、メイキングが収められたDVDが80分の大作となっている。「前作はオフショットを撮ってもらっていたんですが、今回は自分でカメラを持って、ユーチューバーみたいに撮りまくってました。ファンの方はかなり見応えがあるんじゃないかと思います」とアピールした。

「DVDも雑誌のグラビアもとても楽しいです」と笑顔がこぼれるきすみん。今後もアイドル活動と並行して、グラビアにも積極的に取り組んでいきたいと話す。

前作でカップ数を“C.5カップ”と公言したが、「握手会の時とかにファンの方に言われて恥ずかしかったです。“.5ってなんやねん”って(笑)。男の人には分かんないと思うけど、Cでもメーカーによっていろいろあるんだよー、Dのときもあるしーって説明したりして。私、アイドルなんだなって思いました(笑)」と気さくに話すきすみん。天使のバストは”C.5カップ♡”でお見知りおきいただきたい。


   

この記事の画像一覧 (全 83件)

関連タグ