ド迫力Hカップ和地つかさ、“ナースの中身”妄想ビキニがエロ可愛い

グラビア 公開日:2019/06/23 81
この記事を
クリップ

148cmのミニマムながら、ド迫力のHカップバストでに、ベビーフェイスな親しみやすい笑顔で根強い人気を誇る“わっち”こと和地つかさが14枚目となるDVD『島ナースつかさ』(スパイスビジュアル)を発売。記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




イベント前の囲み取材では、純白のナースコスチュームで姿を現した和地。そこからおもむろに肩を肌蹴てみせたかと思うと、スルりとナース服を床に落とし、たわわなHカップを露わにしてにっこり。公開ナマ着替えをみせ、取材陣度肝を抜いたが、今作のイメージ通りのナース服での登場だが「ナースさんの中身を想像したら、こんな色の下着かな?とこの色にしました」と淡いピンクのレースをあしらったランジェリー風ビキニで、生々しささえ感じる、ナースの下着姿の“想像図”に、さらに記者陣をメロメロにさせた。

沖縄で撮影された今作。“島ナース”ということで、離島でたった一人のナースの役に挑戦。「海辺で記憶喪失の男性を保護して、恋に発展していきます」とアニメのストーリーのような展開に。今年26歳になったばかりの和地のオトナな雰囲気がファンに高評価らしく、「告白のシーンが色っぽいね」と言われたという。さらに裏ジャケットになっている水着にも注目が集まったそうで「久しぶりに変形水着を着たんですが、これをファンの方が好きらしくて、“すごい良い”って言ってくださったのと、ラストのナースのシーンが切なくて、初めの可愛い感じと打って変わって、セクシーなシーンになっているので衣装も含めて観てほしいです」とアピール。「ちなみにこの水着は、海で遊んだあとにお風呂に(彼が)入っていたら、勝手に入って来ちゃうって言う(笑)」と笑顔を見せ、ぽろりについて突っ込まれると「浴衣のシーンで、ちょっと見えるんじゃないかなあってドキドキする感じがあるので妄想してください」と躱した。

ナース役については「私、ヘルパーの資格を持っているので、“奉仕の心”が出たかなと(笑)思うんですけど、けっこうファンの方的には、あんまり意外じゃなかったって。ナース服観たいと思っていたから嬉しいとか言っていただきました」と喜んだ。

和地は30日(日)に埼玉・川越水上公園で開催される「近代麻雀水着祭」に参加。7月25日(木)~28日(日)、学芸大学駅前・千本桜ホールで開催の朗読劇「Greif~TEGAMI~」 にも出演する。マルチな“わっち”に注目してほしい。


   

この記事の画像一覧 (全 89件)

関連タグ