出口亜梨沙 “魔性のM体質”で翻弄、純真さとエロスが共存

グラビア 公開日:2019/06/06 37
この記事を
クリップ

「巨乳すぎるレポーター」として注目を集めグラビア界を席巻。女優としても、舞台やテレビで活躍の場を広げている出口亜梨沙が、5日深夜放送のドラマパラビ「癒されたい男」(テレビ東京・毎週水曜深夜1時35分~)第9話に登場した。





ドラマ「癒されたい男」では、日々のストレスを抱える中年サラリーマン・秋山寛(鈴木浩介)が癒しを求めて、脳内で美女たちとのちょっと(?)Hな妄想を繰り広げる。秋山の妄想は愛すべきくだらなさ。中学生並みのピュアなエロスを堂々と描く本作は、グラビアで活躍する美女たちも多数登場し、世の男性に癒しを提供している。

出口亜梨沙は、第9話で“魔性のM体質”新人販売員を演じ、純真さとエロスを使い分け、まさにその魔性っぷりを発揮した。(以下、ネタバレあり)

主人公の秋山(鈴木浩介)はマンション購入を考え、モデルルームを訪れる。そこにいたのが、客にいびられ困惑顔の出口亜梨沙だ。グレーのスーツに白ブラウス。いかにも新人といった感じ。いびりにも負けず、「今一度上司と相談させて頂きます」と吸い込まれるような純粋無垢な瞳で誠実に訴え、その場を治めたのだった。

この様子を見ていた秋山が、耐え忍ぶその姿から出口に冠した名は、「忍エム子(推定年齢24歳)」。追い込まれてから力を発揮するM体質という設定だ。秋山に応対する笑顔はとても落ち着いていて麗しい。すでにその笑顔にふんわりと癒される。と次の瞬間、画面に映されたのはエム子のヒップ。モデルルームの玄関で来客用のスリッパをかがんで整える出口の美しい後ろ姿で、急にセクシー路線の予感?

はつらつと部屋を紹介し、秋山にホームパーティーを開くのもよいと提案するエム子(出口亜梨沙)だが、秋山はそういうのは苦手だと返す。すると、「そうですか…」としょんぼりしたかと思えば、急にスーツの上着を脱ぎ始めた。映されたのは、白シャツ姿の出口。さすがはGカップ“最強ボディー”の持ち主。どうしても胸のふくらみに目を奪われてしまう。そして、極上の笑顔で、「結婚してから夫婦の二人だけのプライベート空間を作り出せる」なんて言ったものだから、秋山の妄想はやはり膨らんでしまうのだった。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)