秋葉原の仮面女子へ移籍発表 美音咲月、F乳&くびれボディで悩殺

グラビア 公開日:2019/05/27 79
この記事を
クリップ

大阪を拠点としたアイドルグループ、仮面女子 イースターガールズのメンバーとして活躍している美音咲月

2018年10月にはグラビアデビュー作となる1stDVD『ピュア・スマイル』をリリースし、上からB83・W54・H83(cm)にFカップバストというグラビア映えしたパーフェクトボディを披露してグラドルファンの視線を釘付けにした美音の3枚目となるDVD&Blu-ray『#咲月と近距離恋愛』(ラインコミュニケーションズ)がリリース。発売記念イベントが26日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、水着姿で完璧なルックスとくびれボディを惜しげもなく披露して訪れたファンを悩殺した。




「今回のイベントのためにおNEWの水着を買いました。大好きな色なので、赤系のビキニ水着です♪」と水着解説してくれた美音。イースターガールズの衣装では分かりにくいが、水着姿になってその完璧すぎるボディを披露するや、多くの報道陣も興奮気味で、前屈みになった時の深すぎるFカップの谷間が実に印象的だった。

そんな彼女の最新作となる今作は、1月にタイで撮影されたもの。「タイはすごく暑かったんですけど、カラっとした暑さで景色も良く、とても楽しい撮影でしたよ」とロケを満喫したという。今作のシチュエーションは、「私が見ている皆さんの妹で野球部のマネージャー」というキャラクター設定のようで、「お兄ちゃんと皆さんとイチャイチャしちゃいました(笑)」と兄妹の禁断の恋が繰り広げられるとか。

「1枚目や2枚目と違い、今回はしっかりとストーリーもあって、個人的にはお気に入りの作品になりました」と仕上がり的にも大満足だという。具体的なシーンを尋ねると「野球部のマネージャーの格好をしている時は、キャッチボールをしたんですけど、野球未経験なので苦戦しながらのキャッチボールでした。オススメは私が一番好きなDVDのジャケットにもなっているウエディング水着を着たシーンです。初めてのウエディング水着で緊張したんですが、とても楽しかったです」と女の子らしくウエディングのシーンではモチベーションも上がったとか。

今作では、セクシーなシーンにも果敢にチャレンジしている。「真っ黒な水着を着たシーンがセクシーだと思います。こういう大人のシーンは今回が初めてで、私の作品に初めて盛り込まれました。お兄ちゃんを誘惑するイケない妹で、恥ずかしかったですね(笑)」と20歳の美音にはまだ早かったそうだが、これまでの作品にはないセクシーな美音も見どころの一つだ。

大阪を拠点にした仮面女子 イースターガールズのメンバーとして活動している美音。7月からは活動の拠点を東京に移し、イースターガールズから東京の仮面女子に移籍することも発表した。

気が早いが、移籍への意気込みを問われて「今まで大阪で出来なかったことも東京なら幅広くできると思うので、何でも"ウエルカム"精神で頑張って行きたいと思います」と抱負を語り、「移籍の前例は初めてのことなので自分自身不安なことも多いですが、東京への移籍を楽しみたいと思います」と力強いコメントも。

グループの活動とは別にグラビア活動も「大好きなのでグラビアのお仕事も頑張っていきたいと思っています」と意欲的で、「私自身グラビアのファンなんです。ライバルじゃないですけど、岸明日香さんや橋本梨菜さん、浜田翔子さんが大好きですよ」と憧れているグラドルの名前も挙げていた。

この記事の画像一覧 (全 79件)