股下85cm G乳“摩天楼ボディ” 緒方咲、超ハイレグ競泳水着の角度に二度見

グラビア 公開日:2019/05/20 177
この記事を
クリップ
}/

168cmの身長にたわわなGカップボディ、そして股下85cmの超美脚をあり得ない角度のハイレグで際立たせて悩殺する、人呼んで“グラドル摩天楼”の緒方咲が、5thDVD『ご主人様とメイドさん』(竹書房)を発売。記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




囲み取材には、DVDの裏ジャケットに載っている青と白のハイレグ水着で登場。そのハイレグの角度に思わず二度見してしまうほど鋭角。横は腰の辺りまで切れ込む超セクシーな競泳水着で、いきなり取材陣を釘付けに。緒方本人は気にするそぶりもなく、カメラマンのオーダーに笑顔で応え、次々とエロティックポーズを繰り出した。

タイトル通り「ご主人とメイド」の物語となる今作。「DVDが、メイドさんのストーリーで展開するのって初めてらしいんですよ。だからうれしいです!しっかりご奉仕してます」と気持ちはすっかりメイドモードに。作品内には4種類のメイドコスチュームが登場するが、緒方が特にお気に入りと挙げたのがジャケット写真に採用されたメイド服。「V字の水着に、クラシックなタイプのメイド服で、夜のベッドのシーンで着てるのですが、マッサージしたり、いちゃいちゃしたり、セクシーなシーンなんです」と紹介した。

全編セクシーシーンてんこ盛りだが、特にセクシーと言うならばはやり、お仕置きシーンだろう。緒方も「牢屋で縛られちゃてるんですよ、メイドさんが!。許してくださいご主人様ってずっと言ってます」と恥ずかしそうに照れ笑い。そこで自身がSかMか問われると「監督さんにはMっぽいって言われたので、今回まさにドMな感じでやらせていただきましたが、ファンの方から“次はSで”ってよく言われるんですが、Mも好評なのでどっちもできたらと思います」と意気込んだ。

「ハイレグは私にための水着だなっていうくらい好きです!」と“ハイレグ愛”あふれる緒方。これからも超美脚を武器に、どこまでも鋭角なハイレグで、“聳え立つ摩天楼”ぶりを発揮してほしい。

関連タグ