グラビア界随一の“神ボディ”松嶋えいみ、攻め攻めニップレスで悩殺

グラビア 公開日:2019/05/19 129
この記事を
クリップ
}/

168cmの高身長にB87cm・W60cm・H86cmの9頭身ボディで“神ボディ”と呼ばれて人気の松嶋えいみが、17枚目となるDVD『憧れのお姉さんが優しく教えてあげる あの日のえいみ』(エアーコントロール)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。




1月に沖縄で撮影された同作は、「幼馴染のお姉ちゃんという設定で、東京に住んでいる私が帰省して再会して、一緒にお出かけしたり、家に泊まりいったりしています。最後には幼馴染から恋人になってしまいます」と説明。シーンについては、「回想シーンですけどセーラー服を着ちゃいました。このときはめちゃめちゃ夕陽がきれいなビーチで撮影したので、かなりいい感じに仕上がっています。セーラー服はまだまだいけますね」と力説した。

一番セクシーなシーンには、前作から続けているニップレスのシーンを挙げた松嶋。「ブルーを基調と下ニップレスを付けて横になっているんですよ。ニップレスの付け方でエロい感じが出ています。このシーンは幼馴染が妄想しているシーンなので、ちょっとエスカレートしちゃっているかもしれませんね」と紹介。前作を上回る大胆でセクシーなシーンが満載の同作だが、そこが松嶋の魅力。「今では恥ずかしさとかないでね。制服とかも抵抗もなくて着ていて逆に楽しいですよ。今はなんでも来い状態ですね。今後もどんどん攻めた感じでやっていくと思いますけど、しばらく着ていないボンデージをやって大人の魅力を出していきたいです」とアピールした。

タイトルにちなんで、松嶋と仲良くなったらなにを優しく教えてくれるのかの問いに、「お酒の飲み方ですね。私はビールが大好きなんですよ。仲良くなったらぜひ一緒にお酒を飲みたいです」とさし飲み指南をしてくれるのだそう。どんな男性と飲みに行きたいかについては「面白い人がいいですね。それでめちゃめちゃお酒が強い人がいいですね。見た目とかはなんでもいいです」と飲み相手の条件は“酒に強い”に尽きるようだ。

そんなお酒好きの松嶋、普段は埼玉・西川口や東京・赤羽あたりで飲んでいるそうだ。「赤ちょうちんとか居酒屋とかバーでよく飲んでいます。安くていいお店がいっぱいありますからね。その界隈で私を見かけたら声かけてください」とまさかのアピールに、集まった報道陣をその気にさせた。

関連タグ