橋本梨菜、裸エプロンに挑戦「色んな角度から見えてスースーしかしないです」

グラビア 公開日:2019/05/13 111
この記事を
クリップ
}/

グラビアはもちろん、ドラマやバラエティーでの活躍も目覚ましい“日本一黒いグラビアアイドル”橋本梨菜

日焼けサロンでは絶対焼かない、自然光焼きにこだわり、撮影前日から現地に入り、より美しい黒さを引き出す橋本。今作も恒例のハワイでのロケで、もちろん前日から調整したベストコンディションの黒さで悩殺している13rdDVD『LoveRina』(エスデジタル)。




12日に秋葉原・ソフマップで開催されたイベントの前に囲み取材に応じた橋本は、スパンコールが散りばめられたイケイケビキニで登場。「ハワイっぽい水色のトロピカルな水着にしました。キラキラ好きなので」とにっこり。オススメは制服姿だそうで、「ハワイで日本の制服着たんですけどめっちゃ浮いてました」と紺ブレにチェックスカートの出で立ちは、ハワイの空にはちょっと違和感?だったようだ。

「変わったコンセプトはなく、彼とのハワイデートという等身大の私で進んでいくストーリーなのでよりリアルに楽しんでいただけるんではないかと・・・♡」と紹介したが、セクシーなシーンを聞かれるとお風呂のシーンを挙げ、「黒のビキニを着ていますが、その前に長袖のすっけすけのワンピースを着ながらお風呂に入るんですけど、それが斬新でけっこうエロいかなあと。泡風呂でびしょびしょになっていきます」と大人っぽさ満点のシーンに記者陣も興味津々。さらに「彼のお部屋をお掃除してあげるシーンで初めて裸エプロン風をしていて、意外とやってみるとセクシーだなと思いました。布の面積が大きいわりには隙間だらけなので色んな角度から見えるのがセクシーですよね。スースーするというか、スースーしかしないです(笑)。服着てる感じはないですね」と裸エプロン初体験は刺激的だったようだ。

毎回前日入りする“日焼けオフ”を取って撮影に挑む橋本だが、今回初めてナンパされたそうだ。「滋賀のひとでした(笑)」とまさかの日本人に声を掛けられたという。相手は橋本だとは分からず「おねえちゃんひとり?っていう感じだったんですけど、“すいません”ってお断りました」と南国でのアバンチュールは幻に終わった。

Blu-ray限定映像には、いま海外で流行しているという“違う水着の着方”に挑戦している。「ノーカットで三角水着をバンドゥ水着に変えるんです。よ。外してやるので、けっこう練習しないとできないんでドキドキしました。見どころなのでBlu-rayもチェックしてください」とアピールした。

関連タグ