元APCの原萌々香、初DVDから大胆シーンに挑戦「変な声が出ちゃった(笑)」

グラビア 公開日:2019/04/07 11
この記事を
クリップ
}/

かつては福岡のアイドルグループ、Active Performance Classに在籍していた原萌々香。同グループは橋本環奈がいたRev. from DVLの妹分グループで、福岡では人気を博し、ステージ上で華麗なダンスや歌声を披露してファンを沸かせていた。そんな彼女が、初めてのグラビア作品となるDVD&Blu-ray『ピュア・スマイル』(竹書房)をリリース。その発売記念イベントが7日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、貴重な水着姿を披露して訪れたファンを悩殺した。




「自分的には赤がめちゃくちゃ好きな色なんです!実は部屋の家具も赤色なんですよ(笑)。それに合わせて自分の好きな色で攻めようと思い、赤の水着にしてみました♪」と水着解説で幕を開けた原のイベント取材。上からB86・W60・H88(cm)という抜群のスタイルに加え、Cカップバストの膨らみがなんとも悩ましく、アイドル時代では見せなかった貴重な水着姿でファンを魅了した。

初DVDとなる今作は、昨年12月に沖縄・宮古島で撮影されたもの。様々なシーンが収録される中、原曰く「大人っぽいシーンもあるんです!」と語ってくれたように、1stDVDとは思えない過激なシーンもあるようだ。「初めてのDVDで、以前私がアイドルということもあり、キャピキャピした感じのシーンもあるんですけど、ちょっとエロいところもあるみたいな(笑)。セクシーなシーンを頑張りました!めちゃくちゃ恥ずかしかったんですけど、開き直りましたね」と果敢にセクシーなシーンに臨んだという。特にセクシーなシーンを、プライベートでもしたことがないという手錠&目隠しを初体験したとか。「ポリスの衣装を着て逆に手錠や目隠しをされちゃいました。拘束された状態で触られたりして、変な声が出ちゃってます(笑)」と元アイドルらしからぬシーンも。10代で初めての手錠&目隠しに「ハマる?それは秘密です(笑)。意外と面白かったですよ。ちょっと大人になった感じです(笑)」と意外にも好感触の様子だった。

初めてのグラビアとなる今作の撮影は「めちゃくちゃ緊張しましたよ~」と本音を明かすも「DVDの撮影というよりも、楽しみながら撮影に臨みました」とすでにグラドルの資質の高さも。その原は地元・福岡を離れて上京し、現在は東京で芸能活動に邁進している。「もっとたくさん頑張りたいと思いました。1stDVDも発売できてモチベーションも上がりましたし、同い年の大原優乃さんのようにグラビアはもちろんドラマにも出演したいと思っています」と意欲満々。最終的な目標としては「鈴木奈々さん」だそうで、「私も鈴木さんのように誰からも好かれるキャラクターになりたいと思っています。東京に来て頑張っていますから、これからも応援よろしくお願いします!」とファンにアピールしていた。

関連タグ