“神的美少女”黒木ひかり 3月だけで6誌の表紙、見納め現役制服&水着姿も眩しすぎ

グラビア 公開日:2019/03/26 181
この記事を
クリップ
}/

“神的美少女” 黒木ひかりが3月20日発売の「週刊ヤングチャンピオン烈」(秋田書店)の表紙を飾った。

黒木は3月4日発売の「ヤングキングブル」、3月6日発売の「週刊少年サンデー」表紙など今月だけで6つの表紙を飾っており、3月26日には1st写真集となる『現在地→卒業』(徳間書店)を発売。今年の春の高校卒業というタイミングで、現役制服姿と、惚れ惚れするような魅惑の水着姿を永遠に残そうと各出版社から引っ張りだことなった。




<インタビュー>

ーヤングチャンピオン2度目の初表紙の心境を教えてください。

去年の10月に初表紙を飾らせていただいたので、今年もまた表紙を飾ることが出来てとても嬉しいです!2度目の表紙ということで今回は、前回とはまた違った私を見てもらえるように、衣装に合わせて大人っぽい表情もしたりしてみました!

ー撮影の際にあったエピソードを教えてください。

外での撮影で水着の衣装の時はやはり寒かったのですが、寒ければ寒いほど体が温まろうとしてわたしの場合踊ったり変な動きをするので、勝手にテンションも上がってきて最終的には寒いって気持ちはなくなりました。それと久し振りにブランコに乗ったりもして楽しかったのですが、制服で乗っていたのでスカートがペラっと、、見せパンが丸見え状態。恥ずかしかったですほんとに。それに実はその時後ろでずっとなにか工事をしていたんです。だからカメラマンさんの言ってることが全然聞き取れず工事現場と苦戦していました。時々聞こえなくても返事してなんとなくこう言ってるのかなと感覚でやっていました。カメラマンさんには申し訳ないです、

ー撮影でのお気に入りショットは?

わたしお仕事や学校で常に制服を着ていて、本当に着る機会が多いのですが、今回初めて赤いブレザーの制服を着たんです!!!その赤色の可愛いブレザーを着ながら近所を少し散歩し、ブランコに乗ったりした為、気分ルンルンオーラ全開のわたしがみられると思います。やはりお気に入りのショットはその衣装を着ている時の写真ですね。

ーもうすぐ卒業のシーズンですが3年間振り返っていかがでしたか?

もう卒業ですね。あっという間でしたが、唯一参加することのできた1年生の時の文化祭の思い出は一生大切にしたいと思います。それに仲良くしてくれた学校のお友達とはこれからも遊んだりしたいし、会いたいので、しつこく連絡をしていきたいと思います。笑 お仕事ではこの3月シーズンで着たことのない制服を撮影でたくさん着ることができて、このお仕事をやっていてよかったなと思いました!

ー今後の活動の目標を教えてください。

今後は映像のお仕事とファッションのお仕事をもっと広げでいくことが目標です!もっともっと多くの人に私を知っていただけるよう、これからも頑張りますので応援よろしくお願いします!

この記事の画像一覧

関連タグ