100cm純朴美爆乳ちとせよしの、ギャップで魅せる破壊力

グラビア 公開日:2019/03/22 60
この記事を
クリップ

「ヤングアニマル」(白泉社)主催の「2019 YAグラ姫」で編集部特別賞を獲得して脚光を浴びた新星 ちとせよしの。昨年まで地元佐賀の鉄工所で勤務をしていた彼女。作業服の下で隠れていたのはみごとに実った100cmのHカップバスト。そのたわわな武器を携えて2019年上京してきた。迫力あるボディとはうらはらな癒し感満載のボイスと、素朴な雰囲気はすぐさまグラビアファンを釘付けにし、今や雑誌のグラビアにひっぱりだこだ。




そんなちとせが2枚目となるDVD『ちとせの癒し』(エアコントロール)を発売した。ジャケット写真のとおりナースに扮して、お世話をするという内容。最後には患者と良い仲になり「くっつきます(笑)」と恥ずかしそうに説明。ほぼ病院内での展開だそうだが退院後、家に遊びに行くシーンもあるのだとか。オススメシーンには朝、ベッドでいちゃつくシーンと話し、「けっこう素な感じが出ていて良いと思います」とにっこり。さらにセクシーなシーンを聞くと「私的は診察室で待っている間に脱いでいく展開がセクシーかなと思いました」と答えたちとせ。今作が2作めとなるが、実はファーストDVD撮影時に泣いてしまったのだという。「気合を入れてリベンジしました。初めてのグラビアがDVD撮影だったので、不安な気持ちと怖さで泣いてしまいました」と振り返ったが、「今回は泣かずにできました!」とひと回り成長した自分が観せられたようだ。そんなDVDの採点は「85点」。「体があんまり絞れていないのと…セリフが噛み噛みなので…」と反省しきりだった。

この1月東京へ引っ越してきたちとせ。「一人暮らし楽しいです。ホームシックになっていません」とアーバンライフを満喫しているようだ。今後の目標は「巻頭グラビアを飾ること」。「2019 YAグラ姫」での編集部特別賞も反響が大きかったようで「他の子応援してたけど、よしのちゃんに変えちゃったって言ってくださる方とかいて、逆に推し変されないように頑張ろうってあらためて思いました」と意気込んだ。またバラエティー番組への進出も目標としており、「ダウンタウンの浜田さんに頭を叩かれることが大きな夢なので、共演できるような番組に出られるよう頑張ります」と笑顔。

以前から大原優乃が憧れだと公言しているよしのは「グラビアで成功されてテレビでも活躍されていて。同い年なので」と言い、この日囲み取材に着てきたビキニも大原が以前着ているのを見たということをリスペクトした“パイナップル柄”のビキニ姿で登場。思いのアツさを表現した。

素直な受け答えと、都会ズレしていない素朴さで地味な印象だが、まだ発育中の100cm爆乳という眩暈がしそうなギャップが堪らない。増すばかりの勢いで巻頭グラビアを飾るのも時間の問題か?ちとせよしのを要チェックだ。

この記事の画像一覧 (全 92件)