ほのぼの美少女 咲良七海「グラビアがすごい楽しくて大好きなお仕事」

グラビア 公開日:2019/03/22 22
この記事を
クリップ
}/

昨年6月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビューを果たした童顔美少女 咲良七海。その年の9月にも「ヤングマガジン」でグラビアが掲載され、スレンダーなボディに健康的な86cmのバストと、ほのぼのと素朴で純情無垢な笑顔で虜になったファンは多い。最初は“妹っぽい”と言われるが、付き合いが深くなると“おねえさんっぽい、しっかりてる”と言われるのだそう。

そんな期待の新星、咲良がついにファーストイメージDVD『10センチより、そばにいて』(リバプール)をリリース。記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




イベント前に囲み取材に応じた咲良は、DVD本編にも登場する空色の花柄バンドゥビキニで登場。初めての水着姿での囲みにちょっぴり恥ずかしそうにしながらも、真骨頂のキュートな笑顔をみせた。

「すごい緊張しましたけど、撮影がすごい楽しかったです。今グラビアがすごい楽しくて大好きなお仕事です」と言い切る咲良。記念すべきファーストは沖縄・宮古島でロケを敢行。「すごい近い距離で楽しんでいただける作品です。彼氏といっしょに過ごしている感じです。きれいな夕陽のシーンがあってすごいロマンチックだなって思いました」と振り返り、いちばん観て欲しいのは浴衣のシーンをチョイス。「お仕事で着るのが初めてで思い出になったのと、セクシーだなと思って。あと、私白い水着がすごい好きで、制服の中に着ているシーンがあるんですが、大好きでした♡」とにっこり。

今年の1月で20歳になった咲良は「とくに変わりがなく、あ、そういえば私20歳だった。と思うことが多いです」とほのぼの感たっぷりに話すと、「グラビアで表紙を飾れるようになりたいです。目標です!」と力を込めた。

中学の時から有村架純が好きで目標としているという咲良。昨年は2本の映画に出演、今年は7月に舞台が控えており、女優としての活躍も期待されている。

関連タグ