“ルパパト”奥山かずさ、水着&ランジェリーショットに抵抗なし「テンション上がりました」

グラビア 公開日:2019/03/12 20
この記事を
クリップ
}/

テレビ朝日系の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で明神つかさ役を演じた奥山かずさが12日、都内で写真集「かずさ」(講談社)の発売記念イベントを開催し、報道陣の取材に応じた。

自身初となる写真集は、「憧れ」だったオーストラリアのケアンズにて撮影。初のオーストラリアで、今年1月中旬に訪れた。「今回は、オーストラリアに旅して色々なことを吸収していくというのがコンセプト。1冊の中で色々な感情が動いているところが見どころです」とアピールする。




写真集では水着やランジェリー姿にも挑戦した奥山。ランジェリーを着てのグラビアは初めてだったが「意外と抵抗なかった」と笑顔で即答した。「雪国出身なので水着を着る機会がなくて。恥ずかしかったけどキレイに撮っていただけて楽しかった。自然に撮っていただけたので、エロいものを撮っている感覚はなくて。女性の下着って体をきれいにみせるために作られているんだと思って、着ていてテンションが上がりました!」と充実の表情だった。

3月10日に誕生日を迎えたばかり。奥山は「25歳は破っていくというか、新たに挑戦してみることを大事にしていきたい」といい、今後演じたい役について「『ルパパト』で演じたような警察官の役をまたやりたいです。今度はかっちりした警察官、刑事を演じたい。あとはちょっとくだけた、妹キャラも演じてみたいです」と意欲的に語った。

この日のイベントのチケットは即完売。「ありがたい」と感謝し、ファン500人と交流した。

ⓒ佐藤裕之/奥山かずさ1st写真集『かずさ』(講談社より)