天木じゅん主演映画「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」映像化、グラビアDVDより恥ずかしい

グラビア 公開日:2019/03/10 20
この記事を
クリップ

人気漫画家・岡田和人原作の映画『ほっぷすてっぷじゃんぷッ!』『ほっぷすてっぷじゃんぷッ!2』の2作のDVDが同時発売となり、記念したイベントが3月9日に秋葉原のソフマップで行われた。イベントには主演の天木じゅん、谷口彩菜、水沢柚乃板野成美の4名が登壇した。

主演の天木は「私以外にも素敵な方がたくさん出ていて、現場もとても楽しかったものが、こうやってみんなの家で観れるようになったので、劇場に来れなかった人もぜひドキドキしながら観てもらいたいです」と挨拶。




それぞれの見どころについて、天木は「天真爛漫で曲がったことが大嫌いな女の子が学校の雰囲気をよくしようと一生懸命に頑張っています。みんなにも無駄に絡むシーンが多かったりとか、控室でも映画の中でも高いテンションで盛り上がっている明るいキャラクターです」。水沢は「心に闇を抱えて友達もあまりいないクールなキャラを演じています。私は普段ワイワイしゃべるタイプなので、役を演じるのが難しかったけど、頑張ったのでぜひ家でたくさん見てほしいです」。谷口は「男性の用務員さんを誘惑するんですけど、そこでパンチラとかをわざとやっているにもかかわらずキレる役を演じています。そういうギャップとかを楽しみにしてもらいたいです」。板野は「私も用務員さんを誘惑するひとりなんですけど、私は用務員さんに想いを寄せている女の子でした。じつはセーラー服を着たのが初めてだったので、そこにも注目してください」とアピールした。

全編を通してイチオシのシーンについて天木に聞いてみると「普段のグラビアアイドルのイメージDVDとちょっと違って、エロ目的ではないので、いつもやっているグラビアより、演じていて恥ずかしかったです(笑)。でもオススメです」と意気込みをみせた。

この記事の画像一覧 (全 15件)