NMB48大段舞依・結愛姉妹、10歳差セクシー&キュートな仲よしグラビア

グラビア 公開日:2019/03/09 18
この記事を
クリップ

今もっとも気になる美女をクローズアップする『Platinum FLASH Vol.9』(3月8日発売・光文社)では、NMB48大段舞依・結愛姉妹の最新グラビアが登場している。

48グループに姉妹で所属したことがあるのは歴代で10組前後だが、姉妹でのグラビアを撮るのは『Platinum FLASH』創刊以降初の試み。しかも大段姉妹、なんと年の差が10歳。異例ずくめの撮影となった。姉・舞依が続けているというヨガのポーズを妹に教えるシーン、妹を見つめる姿は姉妹を通り越して母のように暖かい目線だった。仲がいいだけでなく、アイドルの先輩・後輩として切磋琢磨する2人。ふだんは照れてなかなか言えない本音を語り合った。




―初めての“姉妹グラビア”の感想を聞かせてください。

舞依

いつもとは違う緊張感と恥ずかしさがありました。結愛とは10歳離れているので、親のような感覚で「ちゃんとできるかな」と心配しましたね。

結愛 

グラビア自体が初めてなので、一緒に撮影できて、心強かったです。前日には、どういう表情を作ったらいいか、チェックもしてくれました。

舞依 

ちょっとおしとやかに笑ったほうがいいと思ったので、アドバイスしましたけど、練習不足でしたね(笑)。でも、14歳らしい無邪気な表情が出せ
ていると思うので、合格かな(笑)。

結愛 

舞依の水着姿もよかったよ(笑)。

舞依 

恥ずかしいな~(笑)。

―今まで、お姉ちゃんのグラビアは見たことがありましたか?

結愛 

舞依の載っている雑誌は必ずチェックしています。家族で見たあとは、親戚にもまわっていますね。ママは雑誌を見ながら「この表情はあかんなあ」なんて言っています(笑)。

舞依 

めっちゃ厳しいからね。今回、結愛がじゃんけんに勝って、グラビアが決まったときも、ママがいちばん最初に表情の練習を始めてたよね。ノリ
ノリで(笑)。


ⓒ中山雅文、光文社

◆その他のグラビア・インタビューの全貌は「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.9」でチェック!

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連記事