高梨瑞樹、着てみたかったセクシーランジェリーで目隠し「オトナな感じ」

グラビア 公開日:2019/03/03 28
この記事を
クリップ
}/

現役女子大生として、昨年7月に芸能活動を開始。その秋には竹書房からファーストDVDをリリースすると、その現役大学生という擦れていない素人感とキュートな八重歯、163cm、B85・W62・H86というパーフェクトボディがグラビアファンの間で話題となり、AmazonDVDランキング(女性アイドル)で2位を獲得。このたび待望のセカンドDVD『みずきっす』(ラインコミュニケーションズ)が発売、記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




イベント前の囲み取材に応えた高梨は、当日買ってきたという新品白ビキニで取材陣の前に姿を現した。「店員さんに面積が出来るだけ小さくて、いちばん”盛れる”水着はどれですか?と言って買いました」と八重歯をみせてにっこり。

バリで昨秋に撮影された最新作は高梨が家庭教師役。「生徒の男の子が私のことを好きで、その男の子といちゃいちゃいちゃいちゃ(笑)していくそんなストーリーです」とはにかんだ。中にはセクシーなランジェリー姿で目隠しをされ悪戯されるという生唾もののシーンがあるそうだが、本人曰く「ファーストDVDでは可愛らしい衣装が多くて、こういう(ランジェリー)の着られてすごい嬉しかったです」と、大人しい顔して意外に大胆な発言が飛び出した。このシーンがオススメであり、お気に入りのシーンだそうだ。また恥ずかしかったシーンに「歯磨き」を選んだ高梨。「なんか人前で歯磨きするの恥ずかしいじゃないですか?下着姿より恥ずかしかったです」と理由を話したが、実は薄いニット1枚で歯を磨いており、歯ブラシを動かす度、バストがいい具合にゆさゆさ揺れている。それも恥ずかしさを増幅させているようだ。

このDVDを自己採点するととの問いには「90点」と即答。その心は「セリフ覚えが悪かったから」と自責の念。さらに次回作への期待も込められているという。今後もグラビア中心に頑張りたいという高梨。”結局こういう子が好きなんだな”と思わせる、ほんわかさせる空気感と、Fカップのふわふわバスト、チャームポイントの八重歯を武器に、グラビア界を席巻する存在になるであろう。今後の活動に注目していきたい。

関連タグ