Hカップ紺野栞、ファンのために過激水着を自作「溢れすぎている感じ」

グラビア 公開日:2019/02/25 96
この記事を
クリップ

2015年にグラビアデビューしてから、存在感ある90cmのHカップバストにド迫力のグラマラスボディーで、一躍ポチャドルの代表格となった紺野栞。

昨年は3月にテレビ東京系で放送された「出没!アド街ック天国」でお色気たっぷりの入浴シーンを披露してネットなどで大フィーバーを巻き起こした。そんな彼女が3カ月ぶりとなるDVD『虹色のしおり』をリリース。その発売記念イベントが24日、東京・秋葉原のソフマップで行われ、手作りのセクシーな水着姿となってHカップバストを露わにするなど秋葉原のファンを悩殺した。





「今日のために初めて水着を作ったんですが、胸がたわわすぎて…。溢れすぎている感じもありますが、ファンの皆様が喜んでくださったらイイなと思っています♪」とファンサービスのために制作したという過激な水着姿で登場した紺野。激しく動くと水着がずれそうでずれない絶妙な大きさで、関係者の心配をよそに、自慢のHカップバストを強調したポーズでファンの視線を釘付けにしていた彼女のダイナマイトボディが堪能できる最新作は、昨年11月に沖縄でロケを敢行。「今回は色んなシチュエーションで誘惑をしています。可愛く妖艶に、そしてセクシーに誘惑していくというシチュエーションがたくさん詰まっています」と最新作を紹介した。

今作が9作目となる紺野だが、意外にもグラビアの王道的なビーチでのシーンがなかったというが、「今回はビーチでやっと撮影することができました。初めてだったので気合を入れて撮影したので、皆さんに楽しんで欲しいと思います♪」というビーチのシーンは、黄色いビキニ水着を着用。また、セクシーなシーンを「シャツから下着みたいな水着に展開するシーンです」とあげて、「夜のシーンで、隣に座って誘惑するシーンなので、セクシーになっていると思います」とアピールした。


今作の自己採点は「150点!」と高評価で、その理由を「初めてのビーチで撮影したし、沖縄の撮影も初めてなんですよ」と説明。150点という高評価でDVDはやり切ったのかと思いきや、「DVDは無限大ですから、私のやる気はもっとありますよ!」とさらなるグラビア活動にも意欲満々。次回作の構想もあるようで、「自然の中で撮りたいですね。大自然の森の中でやってみたいです!」とアイデアの一端を明かしていた。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 43件)

関連タグ