月城まゆ、初海外ロケでチャームポイントの“桃尻”アピール

グラビア 公開日:2019/02/23 126
この記事を
クリップ
}/

ミスFLASH2017を獲得し、アイドルグループ・G☆Girlsなどでも活躍した月城まゆが、4枚目となるDVD『恋するPEACH』(ギルド)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原・ソフマップで行われた。




昨年11月にバリ島で撮影された今作。「初めての海外ロケだったので、すごく新鮮だったのと、ロケーションがキレイで楽しかったです」とゴキゲンの月城。内容については、「私がツアーコンダクターになって、そこで出会った彼とバリ嶋を満喫しているストーリーです。テニスを一緒にするシーンと朝ベッドと夜ベッドとプールとツアーコンダクターの制服を脱ぐリーンとかグラビアの王道的なシーンをやりました」と紹介。

今作のタイトルは『恋するPEACH』の意味について聞いてみると「私のチャームポイントが桃尻なんですよ。今までのDVD以上に桃尻をアピールした作品になっていて、その桃尻をかけてピーチにしてみました」とにっこり。そんなお尻が魅力的な月城だが、「小学生のときからお尻が大きくて、最初はすごいコンプレックスだったんですよ。デニムとかを穿くとお尻が大きく見えちゃったので、本当に嫌でした。ずっと気にしていたんですけど、大人になるにつれて、この仕事を始めたのをキッカケで、大きいお尻がだんだん好きになって、今ではチャームポイントになりました」と明かした。

さらに「昔はお尻のケアとかすることはなかったですけど、最近はお尻の筋トレをするためジムにも行っています。そこは女性専用のパーソナルジムで、スクワットやデッドリフトとかをやっています。トレーニングの効果は抜群でお尻がキレイに上がりました。今はお尻を鍛えるブームがグラビア界でブームになりつつあるので注目かもしれませんね」とアピールした。