川崎あや、見惚れるくびれだけじゃない「週プレ」編集部も魅了する ”努力のひと”

グラビア 公開日:2019/02/18 100
この記事を
クリップ
}/

2月18日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)は、表紙から巻末まで全ページがゼロイチファミリア所属のモデル、タレントが出演し、大きな話題となっている。

「週刊プレイボーイ」52年の歴史の中で初の試みとなる今号は、”ゼロイチジャック号”として売れに売れまくっている。表紙の”くびれスト”川崎あやを筆頭にそれぞれ違ったジャンルのタレントたちが個性を生かし集結しており、見応えのある一冊となっている。

また2月24日に発売を記念したイベントを行う予定だが、販売開始4時間で入場予定の2,000冊を突破するなど大反響となっている。そんな破竹の勢いの彼女たちをどうして1冊にしようとしたのか、週刊プレイボーイ編集部を直撃した。




―週プレでのゼロイチファミリアジャックを決めた理由を教えてください。

川崎あやさんには、ここ2年くらい何度も誌面に登場していただき、読者からの人気も高かったことから、いつかは表紙にと思っていました。そして今回表紙に決まり、せっかく出ていただくのだから盛り上げたいと思い、アンジェラ芽衣さん、桃月なしこさんはじめ、ゼロイチファミリア所属の皆さんにご出演いただくことに。川崎あやさんの表紙号を盛り上げたいと思ったのがキッカケです。


―発売日を迎えましたが反響などあればお願いします!

事前にゼロイチファミリアのタレントの皆さんがSNSで告知してくれ、さらに2月24日(日曜)に週プレ発売記念イベントもあることから、早くも驚くほどの大反響をいただいております。また、ゼロイチファミリアのタレントさん以外の方々も、「週刊プレイボーイ」を盛り上げてくれて非常にありがたいです。


―今後、彼女たちに期待していることを教えてください。

川崎あやさんは今もっとも勢いのあるグラドル。努力家ですし、現場での雰囲気づくりも上手です。たくさんの魅力を持っていますし、いろんな見せ方ができればと思っています。ゼロイチファミリアは、美人というだけではなく、個性も豊かなタレント揃い。それぞれが独自のジャンルで活躍されているので、今後も週プレでさまざまな一面を見せてください。

1/2ページ

関連タグ