小池里奈「10代から20代になったときカラダつきが変わった」歴代グラビアで実感

グラビア 公開日:2019/02/17 22
この記事を
クリップ

海外留学を経て昨年10月に2年ぶりに芸能活動を再開した女優の小池里奈が、東京・週プレ酒場で、2年ぶりグラビア復帰&週プレ登場10周年記念イベントを行った。

このイベント参加者には、これまで週刊プレイボーイ(集英社)に登場した小池の成長を記録したブックレットがプレゼントされるが、そのブックレットを見た感想を聞かれると「週プレさんに登場してからほぼ1年ずつ載っているんですよ。自分の14歳とか15歳のときの写真からあるので、これ一冊でほぼ自分の成長が見られるんですよ。振り返って見たときに、顔はあまり変わっていないんですけど、体型がすごい変わっていて、子供から今の感じまでの成長記録になっていて、見たときにビックリしました」。また、この10年で成長したところについては、「10代から20代になったときに、ちょっと体つきが変わったと思いました。少し前に2年ぶりにグラビアをやらせていただいたんですけど、それと一緒に見ると14歳から25歳ってこんなに変わるんだと確認ができます。見ていただければわかりますけど、わかりやすく変わっています」と照れ臭そうだった。




ニュージーランドとオーストラリアに2年ほど留学していたことで、グラビアのブランクがあることについて尋ねられると「2年間人前で水着を着ていなかったので、グラビアをやるぞって考えたときに、鏡で自分の姿を見てヤバイと思いました。まずジムとかエステに行ったりして頑張りましたけど、まだ体型がタルタルなところもあるので、次にグラビアをやるときにはナイスバディになって挑みたいです」と決意表明し、今後のグラビア活動については、「以前は南国とかではしゃいでいるグラビアが多かったんですけど、最近はアジアビューティーっぽい、しっとりしたグラビアもいいなと思っています。そろそろそういう年齢なので、大人っぽい表現ができたらと思っています」と語った。

そんなグラビア活動を何歳くらいまで続けたいかと聞かれると「できるところまでやりたいです。ここまできたらグラビアの最長記録を目指していきたいです」と意気込んだ。

昨年10月に帰国してからはYouTubeチャンネル『となりのこいけ』をスタートした小池。番組では異業種の人とコラボをして展開していく。その番組に呼んでみたい人について聞かれると「これまでいろんな方に来てもらっていますけど、私のプライベートを知っているリアルな友達とぶっちゃけトークしたら面白いかなと思っています」と仰天プランをぶち上げた。

この記事の画像一覧 (全 36件)

関連タグ