100cm Iカップと美巨尻のド迫力、小泉かなの誘惑がヤバい

グラビア 公開日:2019/01/28 165
この記事を
クリップ
}/

「華やかな世界で仕事がしてみたい」と一念発起し、グラビアの世界に足を踏み入れた小泉かな。昨年8月に1stDVD『恋かな』をリリースすると、一般人として埋もれるのはかなりもったいない、グラビア界でもそうはいないダイナミックなグラマラスボディを披露。バストは100cmのIカップに、これまためったにお目に掛れない96cmのプリン美尻でグラビアファンを瞬殺した彼女の、待望のセカンドDVD『かなり、ヤバイ!!』(エスデジタル)が発売され、記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。 




胸の部分からおなかにかけてぱっくり開いた、変形スクール水着で登場した小泉。後姿はブラジリアンカットもびっくりの角度の食い込みようで、自慢のプリン尻の”ほっぺた”がすぐに露わになる超セクシーな出で立ちで取材陣の度肝を抜いたが、本人は涼しい顔で笑顔でポージングを決めていく。

都内と、千葉・九十九里浜の民家で撮影された今作。「姉と弟の設定で、私が制服を大胆に脱いで行って誘惑します。白い下着でニーハイは残していて、リアルですごいエロくてセクシーで見どころです。またOLのシーンでは「こちらも制服を脱ぐと、すごいセクシーな下着を付けていて、妄想もしてもらえるかも。私のアピールポイントでもあるおしりをしっかり見せています♡」と笑顔を見せた。いちばんセクシーなシーンには、レースの極小変形水着でうつ伏せに立っているシーンを選び「ほとんど裸なので(笑)、ドキドキすると思います」とはにかんだ。

タイトル通り、”かなりヤバイ”限界突破の露出。泡まみれのシャワーシーンから、アイスキャンディー舐め、ローションマッサージ、手ブラ、乗馬マシンまで、まるでエロの総合商社的作品。Twitterでも、20秒ほどのかなりセクシー動画を毎日アップ、そのエロさが徐々に話題となり、現在フォロワーが2万人を超えた。「今年は雑誌にももっと出たいのでファンの人を増やして行けるように、グラマラスなボディでたくさんセクシーさとエロさを出してみんなから注目されるような存在になりたいです」と意気込んだ。稀代のド迫力巨乳と巨尻の誘惑に勝てるか?


関連タグ