清水あいり 2年ぶりDVD、垂涎のHカップ美巨乳「もっと揺らせたかな」

グラビア 公開日:2019/01/26 170
この記事を
クリップ

最大発行部数20万部の伝説のグラビア雑誌「URECCO」が昨年10年振りに復活。その世界観を映像化するというシリーズの第1弾に、奇跡のHカップ美巨乳の”ぷゆ”こと清水あいりが選ばれ、昨年『Vol.1 URECCO 清水あいり』(マイロール)が発売された。

26日には記念イベントを神保町・書泉グランデと秋葉原・ソフマップで開催、特にDVD版の売れ行きが好調のようだ。囲み取材には、「万人ウケする水着を着てきました(笑)。みなさん好きじゃないですかねー、ははは」とギンガムチェックのビキニ姿で登場。「お胸の形も綺麗に寄せられるのと、腰もけっこうキュッとして綺麗かなと思ったので♡」とおっとりした語り口で記者陣を魅了。それとは裏腹の攻撃的なHカップはいつ観ても美麗で迫力がある。




『恋の再会』以来、2年ぶりのイメージDVDとなる今作は「彼のお父さんの別荘に行ってゆっくりすごすみたいなストーリーになってます。あんまり着た事のない爽やかな黄色のビキニを着て、プールで”ぱしゃぱしゃ”遊んだり、ニットのシーンでは彼とお酒を飲みながらトランプをして、ちょっと乱れちゃったあみたいな感じで、素な”あいり”の一面も見られるシーンになっていてお気に入りです。ジャケット写真は”大人なあいり”で攻めた感じが良いんじゃないかなと思います」と説明し、オススメシーンが盛りだくさんだ。

「どのシーンも”暴れん坊おっぱい”なんです。特にシャワーのシーンは水着が濡れて重たくなって下がってくるので、”よいしょ!”って上げて、また下がって”よいしょ!”ってやり続けてすごい苦労しました」と振り返った。さらに今までになく露出が多いそうで「いちばん自分のお胸が綺麗に見えると思った衣装は、けっこう下から煽られたり、隙間から見えちゃうんじゃないかなってドキドキしました」と妄想を掻き立てるコメントで丁寧に紹介した。

2年ぶりDVDの出来栄えは80点だという清水、足りない20点については「もっと揺らせたかな(笑)」と自慢のHカップの”ぷゆ”度が足りなかったと厳しめの自己採点。さらに今後の活動を聞かれると「プライベート0でお仕事100」というとんでもない比率を告白。「今までプライベートが充実してても心が満たされなかったんです。去年けっこう忙しくさせていただて、お仕事で満たされたって感じたので、私はお仕事で満たされるんだと思ってプライベート0で良いんです」と宣言した。

確かに先週放送の「女が女に怒る夜2019愚痴始めSP」(日本テレビ) に出演した際、MCの上田晋也が「今年49歳だけどこのコーナー大好きかも」とドハマりしたネタが、Twitterの人気ツイート上位にランクイン。ゴールデンタイム初登場で、多大な爪痕を残した清水。「けっこう反響があったんですけど、それで満足せず、もっともっと努力してバラエティーを頑張りたいという気持ちがあります」と意気込んだ。グラビア界随一の芸達者な彼女。伏し目がちで恥ずかしそうに人見知りを発動しても、その可愛い声と仕草とド迫力おっぱいで世間をメロメロしして、”グラビアに清水あいり在り”と声高に叫んでほしい。

この記事の画像一覧 (全 60件)

関連タグ