”接し易い”セクシーおねえさん野田彩加ラストDVD「グラビア11年の集大成」

グラビア 公開日:2019/01/19 126
この記事を
クリップ

2007年のグラビアデビュー以来、親しみやすい明るい笑顔と、87cmのFカップ美乳で不動の人気を誇る野田彩加のラストDVD&Blu-rayとなる『彩物語』(スパイスビジュアル)を先月リリース。記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




トップは白、アンダーはピンクのツートンカラーのビキニで取材陣の前に登場した野田は、「今日、白にしようと思ったんですよ。その理由が、いちばん初めのイベントのときが白だったので、そうしようと思ったんですけど、下だけ自分色に染めました♪」と、グラビア11年の成長をそのワンポイントで表現した。

16枚目となるラストイメージは、今までで一番多くロケをしたというバリ島で撮影。野田はグラドル人生11年の集大成と話す。「今回打合せの段階から参加させていただきました。内容をどうしていくという中で、あれはやった、これもやった、これはやったことある?など話をしていると、全部やっていて(笑)。だったら、やったことあることを総集編のようにやろうってなったので、今回はストーリーはないんです。なにかの役になるのではなくて”私自身”なんです!」と今までを振り返りつつ力説した。

お気に入りのシーンには裏ジャケットのハイレグの透け水着を挙げ、「大人っぽく撮れたかなと、あとDVD版のピンクの水着なんかは、爽やかにあたかもファーストかのようなことをやってます。久しぶりに芝生を走り回って、めっちゃくちゃ恥ずかしかったです(笑)」と笑顔をみせた。また特典映像として初の私服姿を披露。「衣装合わせのときに、その場で次々着替えてたら、スタッフさんがそれいいねって言われて、画期的な生着替えが収められてます!」とファン垂涎のショットが観られるそうだ。

どうして(DVD)辞めちゃうの?と直球質問を受けた野田は「聞かれると思いました!」と明るく切り出し、「やりきったって感はああります。次のステップに進むにあたって、ひとつの区切りをとしてDVDは卒業かなと思いました。グラビアを辞めるわけではないのでね。今後は、映像ではやりきったけど、グラビアのお仕事でやり残したことはあるので叶えていきたいです。よくさらっとDVDもいつの間にか出さくなっちゃったねって言うのは、たくさん応援してくださった方がいなので、したくなくって。ちゃんと”これが最後だよ”って区切りを言いたくて”最後”ってしたんですけど、Instagramでその”最後のDVDです”って発表しても反応が薄くって(笑)、あれ!?もっと…って思ったんですが、徐々に反応が返って来たんでいうすが、意外とさらっと”へーそうなんだ”みたいで、ちょーとショックだなあ…なんて(笑)」と本音がぽろり。

さらに「”プライベートで重大発表があるからラストDVD”みたいになるって数年前思ってたんですよ。実際は違うんで、あまりそこに触れてもらったら困るんですが、周りは早くいってくれと言われてます(笑)」と笑い飛ばしていた。

DVDとしてはひと区切りとなるが、今後は雑誌や、写真集などで、野田のセクシーボディを堪能してほしい。

この記事の画像一覧 (全 44件)

関連タグ