”エチエチ画像ありがとう”「グラドル自画撮り部」5周年、部長倉持由香が感謝のコメント

グラビア 公開日:2019/01/18 503
この記事を
クリップ

”尻職人”としてさまざまなメディアに登場。グラビアイアドルの地位向上に奔走している倉持由香が立ち上げた「グラドル自画撮り部」が、1月17日で5周年を迎えたと自身のTwitterで報告した。




倉持が部長、Hカップの名峰ボイン”吉田山”こと吉田早希が副部長、”まいぷに”こと塚本舞が書記という肩書で発足。SNSでグラドルたちが自由に「#グラドル自画撮り部」のハッシュタグを付け拡散。フォロワー獲得のきっかけとして多くのグラドルたちがメンバーとなった。

書記の塚本は「5年前の今日のことはずっと忘れないだろうな」とコメントし、5年前の倉持のツイート「グラドル自画撮り部を作ろう(提案)」という誕生の瞬間のキャプチャを公開。歴史の最初の1ページを懐かしんだ。

倉持は「本日で  #グラドル自画撮り部 5周年!今まで本当にたくさんのグラドルさんがこのハッシュタグでエチエチな自画撮りを載せてくれました。全てのグラドルさん、ファンの方々、取り上げてくださったメディアさんに感謝です!今後とも業界を盛り上げられるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。 」とコメント。自身の売り込み用ではなく、有用なコンテンツを垣根なく発信し、一人でも多くのグラビアを生業として頑張る女性に愛の手を差し伸べた。まさに”グラドル界のジャンヌ・ダルク”として今も輝きを放ったまま存在している倉持。

ファンも「尻職人、頑張れ! 」「おめでとうございます。 ますます登って行きますように祈ります 早いねー もう5年なんや」「私の中のグラドルの世界はここから広がりました🙌偉大なる先駆者倉持由香様貴女に出会えて良かった」「五周年、おめでとう㊗️ございまーすっ!部長と副部長がみんなを引っ張って、活気が出ているのは、喜ばしい限りっ!!そのパワーの源がどこなのかをもっと尻たい!」「もっちーさんの努力が実を結んでファンとしても嬉しいですね☺️これからも応援してます👍」「5周年おめでとうございます㊗️ SNSにおける革命的な発案を尊敬致します✨ これからの活躍をお祈り申し上げます🎂」などなど、アツい祝福メッセージが届いている。

5周年は通過点、これからもグラビア界活性化のため先頭を切って戦闘し続ける”もっちー”に大きな声援を贈ってほしい。

この記事の画像一覧 (全 8件)