ロックとエロスをまき散らす藤田恵名、揺るぎない世界観のMV完成

グラビア 公開日:2019/01/07 39
この記事を
クリップ

6/20にファーストマキシシングル『言えない事は歌の中』をリリースし、その過激なジャケット写真とMVで注目を浴びた藤田恵名が、2019年1月16日(水)にセカンドマキシシングル『月が食べてしまった』の発売が決定した。

前作『言えない事は歌の中』のMVでは、「検閲済ver.」と「未検閲ver.」を公開しR18指定を受けるなどの注目を全世界から浴びましたが、セカンドマキシシングルのMVも期待を裏切らない作品が完成した。




今回の解禁情報は、世界初・ジャケット写真で「脱衣盤」「着衣盤」を打ち出し、話題をさらっている藤田恵名のセカンドマキシシングル『月が食べてしまった』(2019年1月16日発売)のMV解禁と追加アー写を解禁。更に、発売週にインストアが決定。藤田恵名の産み出す歌詞は、痛みも感じれば強さも与えてくれる。聴いている側のその瞬間の心情に寄り添い、とても壊れやすく繊細な内面を儚く紡ぎ出した言葉は、聴く者にどのように響くのか?そして、『月が食べてしまった』のMVは視界からも観る者を刺激する。・・・その物語は、静寂なベットの上から始まる。それは平凡で見慣れた部屋の一場面。ここから藤田恵名の歌声と映像がどんどんシンクロしていく。痛みや悩みを抱えてない人はいない。生きている以上、逃れられない宿命のようにある日訪れこともある。同じ痛みを知ってる者は、いや、心の痛みをどんなカタチであれ乗り越えてきた者は、そんな時言葉だけではなく、本当に欲しかった手を差し伸べられるのではないか?喪服を身にまとった藤田恵名の瞳の奥まで見入って欲しい。このMVを手掛けたのは、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018、MO6OSIC LAB 2017などでグランプリを獲得した期待の新人監督・阪元裕吾(『ハングマンズ・ノット』『ファミリー☆ウォーズ』)が担当した。

また、1度は生で藤田恵名を感じたいという方に朗報だ。インストアイベントが1/15から関東近郊で行われる。詳しくは、公式サイトにて。

藤田恵名本人は、「月が食べてしまった」に関して、こう言っている。「今までの楽曲と路線としては同じです。自分はダメな人間だって認めて、何かに踊らされてることも分かりながら踊っている。『でも、こんな人間だけど、なにかを覆してやる!』という気持ちを、自分の中の強い言葉で表現出来たというのは、今までと違う。」と語っている。

楽曲に対して全身全霊で今の自分と向き合い、闘い、生み出しているが、もう一つの顔もInstagramで魅せている。フォロワーは、全世界より21万人を突破。今いちばん”脱げる”シンガーソングライターとして、2019年もロックとエロスをまき散らす藤田恵名から目が離せない。

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ