忍野さら反省、綾波レイで「コミケ」参加のつもりが「COUNTDOWN JAPAN」へ

グラビア 公開日:2019/01/04 30
この記事を
クリップ
}/

昨年の大晦日、「コミケ95」に突然現われ、大盛況となった人気グラビアアイドルのGカップ忍野さら

綾波レイのコスプレで登場し、コミケ入場者を驚かせたが、実は会場を間違えてしまったことを4日のTwitterで告白した。




「私、忍野さらは コミケの会場を間違え、カウントダウンジャパン(幕張メッセ)に この様な格好で混ざり込んでしまった事を ここに反省します。 」と、まるで「有吉反省会」よろしく謝罪したが、コミケの会場である東京ビックサイトではなく、幕張メッセに乗り込んだようだ。意気揚々とぴちぴちスーツの絶品プロポーションの綾波レイが初めに姿を見せたのは「カウントダウンジャパン」だったそうなのだ。

この事実にマネージャーが「ほんとにごめんね。わたしは、絶賛反省します。 」と猛省ツイートをすると、忍野はあっけらかんと「面白いからOK😂」と返答した。

千葉市美浜区の幕張メッセから、東京都江東区のビックサイトまで、電車移動では30分から40分かかる。どのぐらいの時間、音楽ファンの群衆に紛れていたかは書かれていないが、当日幕張メッセでこの綾波レイに出会った人は2018年を締めくくるにふさわしいかなりのレア体験だった。

ファンは「あ〜!それで時間がちょっとだけだったんですね(о´∀`о)それじゃあ仕方ないw なかなかのネタとして面白いです☆ 」「本当に間違えたんだw 」「エッ!? あの日ビックサイトに行かずに幕張メッセに行ったの! あるあるだね(笑) 出来れば有吉反省会で反省して下さい(笑) 」などと嬉しそうにツッコミを入れていた。

クールで隙がなさそうで、じつは天然な一面を持つキャラが忍野の魅力。集合場所の青海を青梅と間違ったアイドルがネットで話題となったが、メッセとビックサイト。この間違いは”あるある”なのかもしれない。


この記事の画像一覧

関連タグ