忍野さら、2度風邪引き全く声出ず 前代未聞の”同時通訳”取材決行

グラビア 公開日:2018/12/24 27
この記事を
クリップ
}/

ショートカットとキリッとした瞳に可愛い唇が色香を放ち、色白むっちりGカップ忍野さらが「カレンダー2019年版」(トライエックス)をリリース。記念イベントが新宿・福家書店で開催された。

イベント当日はクリスマスイブということで、もこもこケープに素足に黒のピンヒールがオトナっぽいセクシーサンタ姿で登場した忍野。いつもは「おねがいしまーす」と元気に撮影に応じるが、今日は笑顔は見せるもののおとなしい印象。囲み取材の時間となり、「体調不良で声がまったく出ないんです…」超ウィスパーボイスで説明。忍野がコメントをマネージャーに耳打ちし、それを同時通訳するという前代未聞の取材スタイルに、記者陣も「大丈夫?」と気遣い、インタビューの輪を縮めて、忍野の声に聴き入った。




9月ごろにグアムで都内と撮影された2019年版カレンダー、「実は来週もあるんですが、12月は外で水着の撮影が3回か4回あって多くって、2回も風邪引いちゃて、今は風邪は治ったんですが、喉がつぶれちゃって1週間この状態です。すみません…私、寒いのがけっこう得意なので、”できます、できます”って言って、頑張って外で撮影してたらこうなっちゃいました。ほんとすみません」と手を合わせてジェスチャーで釈明した後、カレンダーのみどころを話してくれた忍野。「全体的に爽やかでセクシーな感じで、お気に入りの写真(11月・12月のレースのワンピース水着のカット)は、夕暮れ時に撮って、空が夕暮れ時でピンクで、綺麗な色だったのでとても印象的でした。水着はびっくりするくらいスケスケです♡」と囁いた。

カレンダーイベント定番の”どこに飾ってほしい?”の問いには「トイレ!」と即答。「お手洗いって毎日行くじゃないですか?朝も夜も。ほかに特に何もない空間だから、誰にも邪魔されず、毎日朝晩、私を見てもらえるからです。変ですかぁ!?」とにっこり。

さらに「来年年女ですが?」と聞かれ「あれ?そうなんですか?いのしし年ですけど、あ!いま気付きました」と天然なところを見せた忍野。冬空に外の水着撮影でも大丈夫と言ってしまうのが、干支の性格を表している気もするが、やはりそのようで、「猪突猛進で、自分で決めたこととか、これやってやるって思ったこととかは突っ走ってやっちゃうので、そういう意味ではすごいそう思います。直感型です!」と自己分析して、我が干支に納得のようすだった。

声が出なくなっても、「撮影していただくのはとてもありがたいので、いつでも全力投球です!」と目を輝かせた忍野だが、こんなウィスパーボイスでファンとのイベントを行うのはもちろん初めて。「もう最初で最後にしたいんですけど(笑)、Twitterには書かせていただいたのですが、声が届かないので、いつもより近くでお話しできるという部分は良いんじゃないかと思います。風邪は治ってるので、伝染す心配はないので(笑)」と貴重な1日になることをファンに伝えたという。

イベント後には、Twitterを更新「やっぱりチームおっしーさん達は 優しくて暖かい人ばかりだ❤️大好きです🎁ありがとうございました!そして、声がでないせいでメディアの皆様やスタッフさん達に多大なるご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした💦私の蚊の鳴くような声を通訳してくれた富マネもありがとう😭早く治します...!」と、ファンそして取材陣にお礼とお詫びを、そして同時通訳のマネージャーにも感謝のメッセージを贈った。

関連タグ